『ウィンザー効果』って何?「あの子が君の悪口言ってたよ」が大ダメージな件について

心理学ブロガーのザッキー(@kazuma_215)です。 

 

口コミ、陰口、アマゾンレビューなど…あらゆる場面で見かける「第三者の声」の威力って?これを説明する鍵が「ウィンザー効果」です。 

 

概要から使い方まで見ていきましょう! 

にゃー!(行くぜー!)

   

 

ウィンザー効果って何? 

ウィンザー効果は、口コミのように第三者を介して伝えることで、発信に信憑性が増すという心理効果です。  

 

例えば、コレいいよ!と直接ススメられるよりも、「これ、アマゾンレビューで星5つなんだよ!」と言われた方が興味が出ませんか? 

え、ほんまに?

  

これは、第三者が言っているなら、もっとたくさんの人もそう思っているんだろうな、と曲解して受け取る人間の心理なんです。  

 

よく飲食店が「サクラ」を雇ってレビュー記事を書いてもらい問題になりますが、それもこのウィンザー効果が強力である証ですね。   

 

第三者の声って、それほど強力なんですよね。 

なので、使い方には十分注意する必要があります。 

 

 

※人を傷つけないようご注意ください

良い使い方を紹介する前に、一つの「悪い使い方」をご紹介します。 

それが、陰口です。  

 

「あの子が、君の悪口言ってたよ」

 

生きてれば、必ず遭遇しますよね、陰口って。 

 

この陰口でも、ウィンザー効果が猛威をふるいます。 

 

皆さんは、こんな経験ありませんか?? 

直接言われてはいないものの、知人から「あの子が、君の悪口言ってたよ」と告げられてしまったことが。 

言わんでええんちゃう、それ…??

もしくは、言ってしまったことが。。

 

言った本人は善意で言ってるんでしょうけど、これって言われた方はかなりの大ダメージなんですよね。 

  

 

なぜなら、直接言ってこない「あの子」が一人である保証はないから。 

ウィンザー効果によって、他の人もそう思っているんだろうな、という思い込みが、完全に悪い方向へ見切り発車してしまうんですよね。

 

その結果、『人間不信』になっちゃうんです。

 

 

この子も、あの人も、もしかしたら影で私のことを悪く言ってるのかな、、、って。 

  

ま、気にすんなよ、人の目なーんてっ! 

とフランクなアメリカ人っぽく慰めても効果なし。 

 

なので、第三者の意見を伝えるときは、慎重になる必要があります。 

良かれと思った言動が、トラウマになる傷を残しかねませんからね。 

 

ちなみに、僕も会社で言われた経験があります。  

 

悪い噂は、本人に言わないのが吉ですね。 

ちなみに泣きました(心の中で) 

 

許してやんよお!! 

   

 

人を幸せにする3つの使い方とは?

はい、ではここからウィンザー効果の正しい使い方をご紹介します。

 

答えは、「褒める時に使う」です。 

ウィンザー効果は、褒める時にヒッジョーーに効果的です。 

 

3つの例をあげます。 

  

①子育て 

 

これを見てくださっている方に、お子さんがいるなら、ぜひこういう使い方を。  

  

 

この間の授業参観の後、担任の先生が〇〇のことすごい褒めてたよ!優しくて、思いやりがあるって! 

 

部活の先生が褒めてたよ!もっと練習すれば、今後大化けするって!

  

勉強で伸び悩んでるって言ってたよね?担任の先生は何も心配してないってさ。“あいつは、最後には必ず結果を出しますから”って。すごい信頼されてるじゃん!」 

 

直接的な愛情をかけてやるのは、親としてもちろん大事。 

その上で、第三者の声を借りられるなら、存分に使って子供の自信を育んでいきましょう!

   

  

子供は、近い存在からこそ褒められたい生き物ですからね! 

  

   

②後輩のやる気に火をつけたい時 

 

これは会社で後輩がいたり、大学の研究室で後輩がいる場合に、こう使ってあげてください。 

 

前の飲み会でさ、課長が〇〇のことばっかスゲエ褒めるんだよ。あいつは、将来この会社を背負って立つ人間になるって。おれちょっと嫉妬しちゃったわ(笑)」 

 

お、〇〇なんか元気ない?そういやこの間、OBとあったんだけどさ。〇〇のことすげえ期待してたぞ。“あいつは他の奴が持ってない視点持ってる”って。今日も頑張ろうぜ!

 

 

…( ´ ▽ ` )ニヘラ

  

コツは、「その後輩が尊敬している人」に第三者として登場してもらうこと。 

 

尊敬してる人からなら、「ホーーーイ!頑張りまーす!!」ってきっとなりますからね! 

  

  

③恋人に自信を持って欲しいとき  

 

もしあなたにパートナーがいるなら、自分自身に自信を持ってもらいたいですよね。その方が、楽しいですもんね!

 

そこで、こういう使い方が効果的です。 

 

〇〇のこと、実はおれの友達からすげーうらやましがられるんだよね

 

って。 

 

具体的であればより効果的です。 

  • ファッションセンスがいい
  • 思いやりがある
  • スタイルがいい
  • 愛嬌がある 

など。 

 

他人からの評価って、なんだかんだやっぱり「アガリ」ますからね。  

 

伝え方一つでここまで効果に差が表れるなら、使わないと損です。  

 

ガシガシ使って、お互い自己肯定感を高めて、嫉妬されるくらいステキな関係を築いていってくださいね!

 

ぜひ、大切なパートナーに自信を持たせてあげてください!

   

やべえ、おれ、いいやつだ… 

 

僕たちは、、、「心の声だだ漏れ芸人」です!!

   

 

後、ちょいとノロケなんですが 

僕の彼女は友達に僕のことを紹介してくれてるらしいんですよね。 

 

口では「ええ〜!いいよ、別に!」なんて言いながら、心の中では太陽が4つほど出現してピッカピカに晴れわたっています(笑) 

嬉しくないわけがない。ありがとう。   

   

 

ナイス、ウィンザー効果! 

 

 

最後に 

おさらいです! 

ウィンザー効果は、第三者を介して伝えることで、発信に信憑性が増す、という心理効果でした。 

 

伝え方一つで、相手はよくも悪くもとらえます。 

ぜひ、いい伝え方の一つとして、このウィンザー効果を使ってみてくださいね! 

 

では。 

最新情報をチェックしよう!