【前向こうぜ】過去は変えられるから

ザッキーだよ〜ん。

ブログ書いてたら外国人観光客が立て続けにエアドロップでどっかの神社の写真送ってきて、ご利益ブロガーに転身しました。笑顔でソーリーが、いいね。あと500回までなら送ってきていいよ。笑  

 

そんなゲストハウスからお送りしてますよっとい! 


 

今日は『過去を変えるたった一つの方法』ってことを話してみますよ。  

 

聞きたい?よし、やりましょう!!(強心臓)  

 

準備はいいですかい? 

レッツゴー!  

 

過去を変えるには

結論から言うと、今を最高にすることです!  

 

掘り下げていこうと思いやす。  

 

今を最高にすれば、過去は変えられる。 

過去を変えるって、すごいわかりづらいよね? 

  

僕も最初は理解できんかった。  

 

過去を変えるって言うのはね、いやな思い出をいい思い出に変えること。  

 

もっと言えば、起こった出来事は変わらんけど、そこに対する想い、捉え方が変わるってこと。    

 

つまり、未来の自分が、過去の辛い経験をいい経験に変えてくれるってことやね。

  

いじめられて学んだ「共感」

僕3歳から、アトピーだったんすよ。  

 

小学校に上がったら、4年生から悪化して。  

 

それが理由でいじめられた。  

 

クラスのボスに殴られた。顔を踏みつけられた。 

「顔が白い」って殴られて、「アトピー野郎」って顔を踏みつけられた。  

 

毎日、一人で悩んだよ。  

 

海を見ながら、ぶつけようのない怒りを叫ぶ勇気さえなくて、ただ立ち尽くして。  

 

痒くて風呂でかきむしりながら一人大泣きして、母さんも悲しい顔して。  

 

でもね、24歳で気づいたら治ってた。  

 

理由もある程度わかってるから、もし似たような症状が出てきても、もう何も怖くない。  

 

 

今、不思議だよ。 

アトピーになってよかったって、本気で思ってる。  

 

 

あれだけ憎くて、みんなができることを我慢させられた、そんなものをね、今は愛してるんよ。  

 

なんでだと思う?  

 

それはね、今が最高だから。  

 

カメラマンになって、最高の仲間ができて、他にもやりたいことがたくさん見つかったから。 

 

 

もしアトピーじゃなかったら、最高の仲間には出会えてなかった。 

 

この心理学雑記ブログ「メンタログ」も運営してなかったかもしれん。 

もともと心理学に興味もったのは、自分を変えたかったから。 

周りに合わせることができなかったからだからね。 

 

 

アトピーだったから、人知れず悩んでる人の心の痛みもわかる。 

そんなことで?って思うことなくなった。 

人に優しくなれたんすよ。 

 

助け合っていきてーな、って。 

  

いいか分からんけど、ホームレスがいたらご飯差し入れしたりさ。 

冬場に寒い中外でキャッチしてる人に、お茶差し入れたり。 

 

 

これは、アトピーで自分が言葉で傷ついてきたから。  

 

人の悩みに敏感になることができたから。 

そのおかげで、「ありがとう」が生まれる。  

 

お互いハッピーになれる。  

 

僕のブログは、だいたい「だと思う」とか「もありだね」で締めることが多いんやけど、それは「絶対」が存在しないことを学んできたから。  

 

アトピーって治療法はないから、これ!って決まってるものがないのね。 

不明瞭だからこそ、アトピービジネスが儲かるんだけど。それがすげえ苦しいんだよ。  

 

「これアトピーに効くよ」に何回悩まされたか分からん。 

 

でも、だからこそ、人には人の事情があるってことを学べたのね。   

 

それくらい、ってどれくらい?

プロブロガーのあんちゃさんって知ってる? 

クソ真面目ゲスブロガーっていう強烈な肩書きを持ってる27歳の女性なんやけどね。  

 

あんちゃさんは「手汗」にめちゃくちゃ悩んできたんだって。 

  

手汗って聞いて、みんなどう思う?  

 

多分男なら「手汗くらい気にせんって!!」みたいな感じで笑い飛ばすんちゃうかな?  

 

ほんでも、あんちゃさんにとってはめちゃくちゃ大きな悩みやったらしいんよ。  

 

女の子で、デートで手をつなぐ時に手汗があると、どう? 

  

男には、計り知れんのよな。  

 

何度眠れない夜を過ごしたか、本人以外わからんよな。  

これ、なんでもそう。 

 

男のアトピーと女のアトピーは全く別物。 

手汗もそう。 

その人には、その人の事情があるねん。  

 

当たり前なのに、自分が苦しんだことがない人は、相手の気持ちはわかることはない。 

  

いくら考えても、寄り添うことは一生出来んのよ。 

いじめっ子に、いじめられっ子の気持ちはわからん。  

  

今を最高にするかどうかは自分次第

でも、苦しんだことがある人は、別の苦しみにも寄り添う「権利」を得ることができる。 

どういうことかというとね。  

 

苦しみを人を幸せに使うこともできるし、反対により苦しめるために使うこともできる。その選択権が手に入るんよな。  

 

いじめられとった子が、他の子をいじめるか。 

それとも自分と同じ思いをさせへんために、絶対に誰もいじめんと誓うか。  

 

アトピーで苦しかったから、別に病気でもないことくらい耐えろよと思うのか。  

 

それとも、人には人の事情があることを思い出して、優しくなるのか。  

 

全部自分次第。  

 

どっちを選ぶかで、過去の意味あいがめちゃくちゃ大きく変わる。  

 

なんとなくわかるよね。  

 

つまり。 

どんな辛い過去も、今を、未来をよくしていく選択をしていけば、過去に感謝できる日が絶対にくるんよ。  

 

間違いないけん。  

 

一応そのことについて別の記事で解説してみた。  

関連記事:時間は未来から過去に流れるってどゆこと?3歳児でもわかるように解説します 

 

結果論、それでいい 

結果論でしょ? 

 

そう、結果論です。 

 

今が辛いとなかなか未来に目を向けづらいよね。めちゃくちゃわかる。 

誰も理解してくれんくて、孤独を感じることもあるよな。  

 

だから、ガラッと変えずに今日をほんのすこしだけよくしていこうぜ。 

  

いつか、大きく未来が変わる。そうすれば、過去を誇れるよ  

 

 

過去を変える方法は、今を最高にすること。 

  

これは、僕はカメラマン全力授業の小椋翔さんから教わった。 

 

痛みを知ってる人は、優しくなれる。  

 

優しくなれたら、世界もあなたに優しくしてくれる。  

 

 

生きてりゃ辛いことも起こるよ。 

もちろん全ての優しさが報われることはない。 

 

でも、過去から学んで、今を、未来をよくしていけば、必ず過去に感謝でできるよ。 

だから、絶対に未来を諦めずに、進んでいこう。  

 

あなたは、最高の人生、過去を後悔して生きる人生、どっちを歩みたい?

最後に

こうやって思えるようになったのは、24歳からだった。  

 

それまで、常に何かを恨んで、何かのせいにして生きてた。  

 

人見知りなのは、いじめられてたから。 

遊びに行けないのは、アトピーだから。 

そうやって、いうのは簡単。  

 

その影響もないとは言えんよ。 

 

でも、過去があなたの人生を決定づける、なんてことは絶対にありえん。  

 

これは、胸を張って言えます。 

 

これからの人生を作っていくのは、今の自分の責任や。  

  

過去が辛くても、最高の人生は作れるよ。 

おれの生き方が証明。  

 

もう、過去に後悔なんて何ひとつない。 

今、超幸せです。  

 

全ての過去に感謝してる。 

 

辛い渦中にいる人、未来を諦めんな。 

 

簡単に言えないけど、勇気を持って言わせてほしい。 

あなたが今抱えてる悩みや劣等感は、いつかあなたの武器になる。  

 

 

未来は必ず明るい。 

最高の人生、今からでも遅くないよ。  

 

お互い作っていこうぜ。  

 

 

ほなね!

最新情報をチェックしよう!