【UVERworld】実は解散の危機だった!?救ったのは「あの男」でした!

ザッキーです! 

みなさん、UVERworldが過去に解散の危機だったってご存知ですか?? 

今や23,000人の男だけでライブをしたり、フェスにアニメ主題歌に引っ張りだこのウーバーなんですけど、実は過去に一度だけ解散しかけたことがあったんです。 

 

今回は、その真相を。 

そして、どうやって復活してきたのか書いていきます。 

   

 

ツインボーカル・RYOHEIの存在 

ファンの間では有名ですが、UVERworldの前身は『SOUND極ROAD』という“7人組”ロックバンドでした。 

今いるTAKUYA∞、彰、克哉、信人、真太郎、誠果、そしてもう一人 

RYOHEI」というボーカルがいたんです。そう、元々はTAKUYA∞とRYOHEIのツインボーカル体制だったんですよね。 

 

RYOHEIはかなりの実力者で、その実力はTAKUYA∞も絶賛するほど。 

二人は『Ace∞Trigger』という名前でも活動していて、互いを高め合える貴重な関係でした。 

TAKUYA∞はそんなRYOHEIを心の支えにしていた。  

  

 

しかし、そんなRYOHEIは結婚を機にバンドからの脱退を決意。 

7人から6人に、そしていつもRYOHEIにどこかで頼っていたTAKUYA∞は「ああ、終わった」とバンドの活動を諦めかけたそうです。 

 

腐りかけていたTAKUYA∞とUVERworld、、、そんな窮地を救ったのはあの男でした。 

 

 

UVERworldを解散の危機から救った男

それは、リーダーの克哉です。 

だれもが諦めかけていたバンドの存続。 

しかし、彼だけは諦めていなかったんです! 

 

克哉「TAKUYA∞、もう一回このメンバーで笑うぞ。お前が一人で歌えばいい

 

… 

悲しみにくれるTAKUYA∞でしたが、この言葉がうれしすぎて、風呂に入りながら一人で号泣したそう。 

その言葉に救われたTAKUYA∞は立ち上がります。 

  

 

復活したTAKUYA∞ 

UVERworldはここから新たな一歩を踏み出します。 

それまで虚無感から何日も曲ができなかったTAKUYA∞ですが、この経験から生まれた曲があるんです。 

それがこちら 

  

UVERworld Official YouTube Channelより

そう、名曲『CHANCE!』です!! 

  

歌詞を読んでみてください。 

叶うはずないあの日の夢が 

未だに胸の中瞬くから 

いつだって時は最初まで戻れる 

諦めないで 

追いかけ続けていたいよ 

 

UVERworld『CHANCE!』より 

つながりますよね!!

こうして少しずつUVERworldは一歩前に進み始めたのでした… 

  

  

最後に 

そんな解散からの復活エピソードでした! 

誤解を恐れずに言ってしまえば、今のUVERworldがあるのは克哉のおかげです。 

 

一人一人のメンバーを愛している6人が集まったUVERworldは最強です。  

ぼくはいつかおじいちゃんになって表舞台から消える日が来ても、いつまでも彼らのファンでい続けます。  

 

いつもありがとう。 

これからもUVERworldの活躍を応援していきましょー! 

   

 

・UVERworldの他の記事一覧はこちら | むげろぐ

   

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!