【UVERworld】TAKUYA∞のライブでの歌詞間違いはむしろ正解だと思う件

TAKUYA∞はライブでよく歌詞を間違える。 

 

クルーの間ではもはや定番(?)ですよね。 

テンションが上がりすぎて間違えた後に、はにかむ姿に多くのクルーが親しみやすさを感じていると思います。そんな僕もそんなTAKUYA∞とUVERworldが大好き! 

 

ただ、気にはならないけど、ふと考えることがあったんすよね。 

 

あれ、これ実は間違いでもないんじゃね?って。 

 

たしかに歌詞は間違えてるかもだけど、ライブは成功してるよなって。 

だったら、歌詞を間違えたことさえも正解だったんじゃねって? 

 

だってさ、よく考えてみて。

TAKUYA∞がライブで歌詞間違えてライブそのものが台無しになったこと一回もないじゃん? 

 

まえに「人生はオセロに似てる」って記事を書いたんだけど、今間違ったとしても、未来でそれが損失になるかどうかって自分次第だと思うんすよね。 

 

かりに歌詞を間違えたTAKUYA∞が、「あーもう辞めた!今日のライブはここまで!」とか言って切り上げちゃったら、そりゃ最悪だよ(8,888%あり得んけど

でもさ、TAKUYA∞って構わず歌い続けるし、そこがファンと距離が近くなるチャームポイントでもあると思うんすよね。 

 

だって、みんなUVERworldが完璧なバンドだったら聴かないんじゃない? 

 

人生に悩みまくって、でかい過ちも犯して、レコード会社の社長からも誠果さんを外されたり、色々打ちのめされてきて、、、 

それでも前を見続ける姿に自分自身を重ねて、そこに熱狂してるんじゃないかな、と。 

 

ぼくはそうです。

いつだって、「人生はここからだぞ!!」って言われてるみたいで、めちゃくちゃ胸が熱くなる。 

 

気付いたら泣いてるよ。走ってるよ。止まれなくなってるよ。 

 

今書いてるブログだって、結果が出ないと辛いし、もう辞めてえって思うこともあるよ。 

それでも、そんなUVERworldに出会えて良かったって想いだけは一度たりとてブレたことがないんだよね。 

 

そして、背中を押されて始めたこと全てに感謝してる。 

それは、UVERworldが今と未来に本気で生きているからで。 

ああ、諦めない限り道は続いていくんだって、勇気をもらえるから。  

 

過去なんて、ぶっちゃけどうでもいいんすよ。  

誰だってミスは犯すし、どうしようもなく消し去りたい過去だってある人も多いはず。僕も中学時代は黒歴史で、ぶっちゃけなかったことにしたいと思ったことも数え切れないほどあります。 

 

でも、今ではそんな過去にさえ感謝できてるんですよね。 

だって、今の幸せな僕は過去にミスしてくれた僕がいた結果だから。 

 

 

ぼくがUVERworldのことを1mmも知らなくて、TAKUYA∞が過去に逮捕されたって事実だけを知ってたら、もしかしたらUVERworldは聴いてなかったのかもしれない。 

 

それでも、やっぱりいつかUVERworldを聴くキッカケがあって、そこから過去を知って、乗り越えてきたことを知って、どうしようもなく好きになるんだと思うんすよね。 

 

だって、これからを生きていこうとしてる姿はシビれるほどカッコイイから。 

 

人生、いつだってここからじゃん?

嫌なことなんてさ、あるんだって、人生。

ムカつくことだらけだよ、人生。

昨年末に大切な友達が先に空に行っちゃったんだけど、まだ吹っ切れてないよ。

辛いよ、そりゃ。

いまだに会いたい気持ちは変わらない。

でもさ、ぼくたちが生きていくのは今、そして未来しかないんだよね。 

 

TAKUYA∞が叫んでるように、最後は大胆に返してやろうぜ。 

 

残酷なんだけど、この残酷な人生のある一時期だけでも、どっぷり挫折すればいいんじゃないかな。

でさ、ゆっくり泣きながら、また歩きだせばいいじゃん。

人生ここからなんだって。

おれも諦めないから、君も諦めんなよな。

って話。

まあなにが言いたいかっていうと、東京ドーム早よおおおおってことでした!

さあ、人生これからだぞ!  

ミスしても、最後は大胆に返してやろうぜ? 

 

行こうぜ、そのEDENへ! 

 

またね! 

素敵な未来で会おうぜー!! 

 

最新情報をチェックしよう!