自信を身につけるコツは『謝罪』よりも『自立』だった件

f:id:kazuma3451:20190414191544j:plain

 

どぅおも〜、ザッキーです!

 

みなさんの周りに自信満々な人っていませんか?

 

やったことは無いけど、何をやるにも自信があって、なんだかんだ目標達成しちゃう人。

 

小椋翔さんというカメラの師匠さんがいるんですけど、もう超自信満々なんです。

大阪の方なんですけど、繰り出したギャグが受けなくても、もう一回同じギャグをかますくらい自信満々です。笑

 

 

僕も自信がほしい!!!

と思って、小椋さんのマネをしました。

 

 

そして、実際かなり自信がついたんですけど、一つわかりやすい特徴があったんです。

 

 

それが、すぐに「謝らない」ことでした。

 

詳しく説明していきます。

 

キーワード:自信、自己肯定感、自己効力感、セルフイメージ

 

 

 

一番伝えたいこと:自立しよう

誰に伝えたいか:過去の自分

なんで伝えたいか:自立したら自信がついたから

どうやって伝えるか:

再度、一番伝えたいこと:自立して自信を深めよう! 

 

自信があるひとは謝らない

人が謝るのって、ようは嫌われたくないんですよね。

 

仲間外れにされたくない。

 

小学校で友達とケンカしたら、お母さんに「かずま!△くんに、謝りなさい!」って言われて、納得いかなくても最後には謝ってました、僕。

 

 

△くん、ごめん

 

って。

かわいいなあ、おれ。

 

 

これはなんでかっていうと、お母さんに嫌われたくないからなんすよね。

 

 

なんで嫌われたくないのか、っていうと

 

嫌われちゃうと

 

 

生きづらくなるからなんす。

 

 

お母さんに嫌われると、家の中でもプンプン怒られるし

 

 

宿題しなさい!

お風呂入りなさい!

肩たたきなさい!

 

 

って。

肩たたきなさいは理不尽極まりないけど!笑

 

 

嫌われると、『肩たたき』みたいな不平等条約を飲まされる。

それが子供みたいな誰かに依存した存在です。

 

 

 

で、嫌われたくないから手取り早くやる方法こそが、これ

 

 

 

謝罪

 

 

です!謝る!

 

 

謝罪会見ですね。

世界中で、日常的に、謝罪会見が、開かれてます。笑

 

 

特に日本人はあやまりすぎです。

 

 

海外にひとり旅とかすると、基本「エクスキューズミー」です。

 

「アイムソーリー」じゃないんですよ。

 

そんな気はなかったけど、嫌な思いしたなら失礼!って感じです。

 

 

謝ると『自己肯定感』が下がる

謝ると、自己肯定感が下がります。

 

おれ、なんか悪いことしたんかな、と思うと、自尊心が傷つきますん。

 

 

たとえ思ってなくても

ごめんね

 

って言うと、自分の耳から入ってきて、

 

自分は悪いことをした

 

 

って脳に伝わります。

そうすると、そんなことをした自分は悪いやつだ、って脳に刻まれて、自分自身のイメージ(セルフイメージ)を下がります。

 

 

 

だから、自信があるひとは簡単にはあやまらないんす。

 

 

謝るくらいなら、叱ってくれた相手に

 

ありがとうございます』って言います。

 

 

もう一度言います。

 

日本人のすいませんは、9割「アイムソーリーです。

 

でも、自信がある1割のひとは「エクスキューズミーです。

 

 

この違いが大きい。 

 

例えば

ZOZOの前澤社長も常に感謝を口にしていますよね。

 

 

でも、ごめんなさいって言ってるところ見たことありますか?

 

ほとんどないですよね。

 

 

それだけ、自信があるからです。

 

自立するとどうなるのか?

自立すれば、まずは自信をなくしちゃう「謝罪」をする回数が減ります。

 

だって、べつに嫌われても生きていけるので。

 

 

 

親に嫌われようが、上司に嫌われようが、学校の先生に嫌われようが

 

 

 

え?だからなに?

 

って感じで、全く気にぜずに。

 

 

 

し、たとえこっちにも非があったとしても、簡単にはあやまらないんす。

 

 

なんでかって言うと

 

自信ある人は

 

自立するために、 やるべきたった一つのこと

 

大人ってのは自立しているように見えて、ぜーんぜん自立できてないんですよね。

 

僕もそうでした。

9割は子どものまま。

 

 

そして、また9割の人が気づいていないという事実。

 

 

人のせいにしてるひとはもれなく依存してるからね。 

 

だから、自信つけたい!!って言ってる人は、まず自立しなきゃいけない。

 

 

その簡単な方法が

 

自分のせいにする

 

こと。

 

 

ただ、それだけです。

 

 

自己否定しろって言ってるわけじゃないよ。

 

 

自分のせいにするって言うのは、言いかえれば「自分で選んだ」って言うことの裏返しです。

 

 

 

この自分で選んだっていう感覚が超超ちょ〜大事。

 

 

自分で選べるってことは、自分で人生をコントロールできる「感」が得られるから。

 

 

 

み〜んな、9割の人は、なにかあったら他人のせいにする。

 

 

なにかあったら、自分以外のなにかのせいにする。

 

 

一種の自己防衛。

 

 

 

でも、この他人のせいにするっていうこと自体、依存してることの証明なんよな。

 

 

 

だって、本来選んだのは自分だから。

 

 

友達に裏切られたなら、それは人を見る目がなかった自分の問題だし

 

 

自信がないのは、親のせいでも学校の先生のせいでもなくて、本読むなり自信がある人から学ぼうとしてこなかった自分の問題だから。

 

 

 

こういうと、ほぼ100%の人が

 

 

いや、それは違う!!

 

 

私は、おれは、悪くない!!

 

 

 

 

って言うんよな。不思議と。

 

僕もそうだった。

 

 

でも、小椋さんとか自信があるひとは、もれなく他人のせいにしてなかった。

 

そして、自立しようってめっちゃ訴えてた。そう。

 

 

 

あんなにラブラブだったのに、結婚したら急に冷たくなった、みたいな。笑

 

それも、結婚相手を選んだ自分の責任。

 

 

 

だからね、自信がないって言ってる人が最初にやるのは

 

 

 

自立

 

すること。です。

 

 

 

 

嫌われないようにするんじゃなくて

 

 

嫌われても大丈夫な生き方に変えるのね。

 

 

 

会社にしがみついてる人より

 

こんな会社いつでもやめたるわ!って思えてる人のほうが、何だかんだ結果出したりするんよな。

 

 

自信があるから、堂々としてる。

 

その自信は相手を納得させるからね。

 

 

 

では、今日はこの辺で!

またね〜!

 

 

おまけで有名な話↓↓↓

有名な話:ストックホルム症候群

みなさん、ストックホルム症候群って聞いたことありませんか?

 

1973年8月にスウェーデンの首都ストックホルムで起きた銀行強盗事件で、犯人逮捕後の証言で人質が犯人をかばう言動が見られた、っていうおかしなことが起きたんです。

 

 

命を脅かされた人質が、犯人をかばうって一見おかしいですよね?

 

でも、これもすごく理にかなってるんです。

 

 

人質は、犯人に人生の手綱を握られちゃってますよね?

 

 

だから、きらわれたらアウトなんです。

 

 

だから

極限のストレス下で、本能的な生存戦略として、相手に協力するのが一番安全だと判断したってことですね。

 

なので、犯人に好意的な感情をよせるのが、生き残る手段だったわけです。

 

 

人間は恐怖を感じたら、人に依存しやすくなります

 

これも、恐怖による支配で、依存させている典型例。

 

 

恐怖を感じると、ひとは身の安全を第一に考えて、最適な行動を取ろうとしますからね。

 

 

依存っていうのは

 

 

自分の人生はあなた無しじゃ生きていけません

 

って言ってるのと同じ。

 

 

これはね、めっちゃ危険です。

 

 

だって、その人に従わなかったら、どうなるの?って話ですから。 

 

 

 

でも、自信がある人は、依存しません。

 

 

人質がネイビーシールズ出身のスーパーマンだったら、犯人を返り討ちにしちゃうかも。笑

 

なんでかって言うと、犯人に従わなくても生きていける自信があるから。

 

 

 

それだけ自立することが大切ってことなんですね! 

 

おまけ:7つの習慣の「第一の習慣」

全世界で3000万部売れた、自己啓発の金字塔「7つの習慣」

 

この7つの習慣の

第一の習慣は

 

 

主体的である

 

 

で、

 

どう意味かというと

 

 

自分の人生をよくする責任をおえ

 

って意味です。

 

つまり、自立しろってことを伝えてます。

 

人生上手くいってるひとは、自立の重要性をものすごく理解してる。

 

 

実際に、こういってるひとは人生の途中まではめちゃくちゃ依存しまくりだったことが多いんですけど、それが自立の重要性を強く訴えられる裏付けになってるんでしょうね!

 

 

 

自立すれば、自身も身につく!

 

 

では!

今度こそ!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!