脳機能学者・苫米地英人から学ぶ「性格を変える方法」とは?

プロブロガーのザッキーです。  

ヤッホー! 

     

実は、ひそかに苫米地英人さんを尊敬しています。 

天才認知科学者。カッコいいんですよ。マジで。   

  

好きなので本とかたくさん読みます。 

 

 

衝撃だったんですけど 

性格って簡単に変えられるって知ってましたか?  

 

え、うそでしょ? 

ほんとだよ! 

 

今日は苫米地さんから教えてもらった 

性格を簡単に変える方法」の要点をまとめました。 

  

結論:性格は「幻想」

まずは結論ですが 

「は?ザッキー大丈夫?」ということを言います。 

 

 

 

性格は存在しません。 

  

だから、変えようと思えば簡単に変えられます。 

 

なに言ってんのさ!

本当だもん。わい、嫌な「性格」は全部変えてきたぜ。  

 

   

「性格っぽい」ものが出来上がる3ステップ 

 

性格は3ステップで出来上がります。 

 

  1. 行動 
  2. 他者からの助言(思い込み形成) 
  3. 繰り返し(思い込みを強化) 

です。 

   

嚙みくだいていきます!

 

ステップ①:行動 

小学生高学年の頃を思い出してみてください。 

 

皆さんはどんな子供でしたか? 

 

  • 明るくて活発な外交型? 
  • 引っ込み思案な内向型?  
  • それとも臨機応変な両向型?

 

 

初めて人に自分を説明するとき 

自分はこんな性格です、と多くの方が説明するはずです。 

  

 

明るい女の子

例えば、おしゃべりが大好きな明るい性格の女の子なら 

「明るい性格で、初対面の人とでもすぐに仲良くなれます」 

と答えるかもです。 

 

つまり、明るく外交的な性格、と女の子は自身の「性格」を認知しています。  

 

  

いつ「認知」するのか? 

じゃあ、非日常的ですが、女の子の  

周りの友達も全員、明るく外交的な子である状況を想像してみてください。 

  

イメージでいうとこんな感じです。 

みんな明るくて活発だよ〜!

 

要は、その性格が当たり前な状況にいるということ。 

 

暗い子はいませんし、明るくて活発な子供しかいません。 

  

その状況で第三者から「あなたはどんな性格ですか?」と聞かれたとします。 

 

果たして女の子は 

私は明るくて外交的な性格です」と答えるでしょうか? 

 

 

…きっと答えません。 

なぜなら、女の子にとって明るいのは普通だからです。 

他の友達との違いがわからないと、そもそも特徴を「認知できません」 

 

明るいのは普通だから、それは自分の特徴とすら思ってないってこと?

そうそう!

だから、女の子は自分が明るいのか?外交的かどうか?は、わからないんだよ。この時点では。

  

 

そう、この時点では、まだ女の子は自分の性格を説明できません。 

 

では、どうやって女の子は「性格」を形成していくのでしょうか? 

 

ステップ②:他者からの助言(思い込みを形成)

女の子が、自分の性格を認識するキッカケ、それは 

 

他者からの助言 

です。 

 

例えば、学校の担任から「君は明るくて外交的な子だね!」と言われて、はじめて「あ、私ってばそうなんだ」と認知するわけです。 

 

周りに同じ子ばかりいたら、自分では気づけません。 

 

でも、他者からの助言があってはじめて違いを知ります。 

 

そして、その認知を、本当の自分だと思い込んで 

 

性格だと思い込むようになります。 

 

ステップ③:繰り返し(思い込みを強化)

そうして、女の子は「私は明るい外交型だよ」という認識を持ち、それに沿った行動をしていくことになります。 

 

はじめは意識して。 

私はこういう性格なのよ、と。 

  

 

仮に女の子が中学校に進学し、暗い顔をした同級生を見つけたらどうするでしょう?  

 

女の子は自分のことを明るくて外交的だと思っているので 

きっと「元気になって欲しい」と思います。 

 

そして、「どうしたの?」と声をかけるかも。  

または、友達に「何があったの?」と聞いて回り、元気付ける方法を試していくかもしれません。 

 

 

 

その先はご想像にお任せしますが、女の子は自分自身で認知した「性格」に基づいて、行動を選択しました。 

 

 

その後も、ことあるごとにこの「明るくて外交的」という自分のイメージに沿って、行動を選択していくようになります。 

 

結果的に、それが性格になるんです。 

 

 

 

でも、この性格って本当でしょうか? 

 

その性格、本当ですか?

 

え??

  

果たして、女の子の「明るい外交型」は、本当にそうだと言い切れるでしょうか? 

 

どんなに辛い状況でも? 

悲しいことがあっても? 

 

ずっと明るくいられると思いますか? 

 

 

たぶん、できません。 

でも、もしかするとそうであり続けようと無理をしてしまうかもしれません。 

 

ただ、そうすると、心のバランスが崩れて病気になったりします。 

 

果たして女の子は「明るく外交的な性格」なのでしょうか? 

 

どう思う? 

うーん、わからなくなってきた。 

  

 

【重要】性格は何個もある  

女の子はたしかに「明るい」し「外交的」ではあります。 

 

ただ、気分が落ち込んだ時には一人で過ごしたいかもしれない。 

海に行き、浜辺でぼーっと波の打ち寄せる音を聞いていたいかもしれない。 

 

  

その時、女の子は明るくも、外交的でもありません。 

 

むしろ逆です。 

 

 

では、この時の女の子は「別人」なのでしょうか? 

 

いいえ。 

これも女の子の本来の姿。つまり、性格の一部なんです。 

  

  

性格は一つじゃなくていい  

多くの人が「性格を変えたい」と思うのは、性格が一つじゃないといけないと思い込んでいるからです。 

  

 

でも、それはあり得ません。 

 

言ってしまえば、人間は誰しも二つも三つも性格があります。 

 

 

ただ、それだと世間から非難されてしまう。 

だから、一つに統一したい。 

でも、性格を変えるのは難しいと思っている。 

 

そして、嫌な自分を受け入れられなくて悩むんです。 

  

おお、少しずつわかってきた!

で、どういうこと?

(ズコー)

     

つまり、自分はこういう人間である、という間違った思い込みを外せば、性格は簡単に変えられるということです。 

 

 

二重人格であることを認めるってこと?

うん、批判を恐れずに言えばそんな感じ! 

  

つまり、性格は何個もあっていいってこと! 
それらは全て、本当の自分だから! 

 

  

嫌な性格を変える方法

  

なんとなくわかった。 
でも、嫌な性格は変えたいんだよなあ。 

くよくよしてしまう、とか? 

そうそう。

 

  

①嫌な性格は「否定」する 

性格は、ただの思い込み。 

なら、思いこみを変えれば、性格も変わりますよね? 

  

どうすればいいか?  

自分はこういう人間だ 

というイメージを変えていきます。 

  

?? 
我輩は猫である?

  

もっというと、なりたい性格を「当たり前」だと思いこむようにします。 

  

②環境を変える 

その方法は、環境を変えること。 

 

自分の常識の外側で生きることです。 

  

環境を変えると、「当たり前」が変わる

例えば、バスケの八村塁選手をご存知でしょうか? 

   

高校時に日本一になった明成高校のエースです。 

卒業後は渡米。全米2位のゴンザガ大学に進学し大活躍。NBA入りも確実視されている期待の星です。 

  

 

八村くんは、もともと英語が苦手だったそうです。 

 

以前、テレビで八村くんが英語の授業で先生に当てられて、恥じらいながら答えている映像を見たことがあります。 

確か、間違えていて、八村くんも同級生も笑っていました。 

  

  

よくある風景ですよね? 

 

なぜなら日本では、英語は話せないのは一応「当たり前」だからです。 

 

別におかしいとさえ思われない。 

むしろ、話せたら「すごい」と言われるような環境です。 

 

  

 

でも、アメリカでは違います。 

英語は「話せて当たり前」なんです。 

 

なので、八村くんは英語が話せるようになる必要がありました。 

 

【超重要!】「できて当たり前」という考えが、能力を解放する

八村くんは英語をマスターしないまま渡米しました。 

 

はじめは仲間との会話もままならず、周りからはシャイだと思われていたそうです。 

でも、周りに日本語を話す人はいません。もちろん英語のみ。 

 

つまり、英語を話すほか道はありません。 

ハロー!

ハロー!

  

八村くんはその後、一生懸命英語を勉強しました。 

ルームメイトと共通の趣味の話をしたり、バスケで仲間に考えを伝えたり、奮闘します。 

 

 

そして、今の八村くんはネイティブ並みの英語力を身につけています。 

 

よかったら、ユーチューブで観てみてね!

    

この 

「できて当たり前でしょ?」という環境に飛び込むのが 

嫌な性格を変える方法なんです。 

 

できて当たり前だと思うと見えてくる手段 

  

スコトーマの原理

脳にはスコトーマ、という「心の死角」が存在します。 

 

赤を探してください!! 

と言われると、たくさんの赤いものをみつけられます。 

しかし、では 

青 

はいくつありましたか?  

  

と聞かれると、答えられません。 

 

赤に集中していたので、たとえ側に青いものがあっても「見えなくなる」んです。死角のように。  

 

これがスコトーマです。 

 

これを、性格は簡単に変えられない、に置き換えると、どうですか? 

 

変えられるのに、変える方法が見えなくなります。 

 

 

要は、見つかる前提で探せば、必ず見つかる。  

見つからない前提で探すと、本当に見つからなくなるんです。 

 

脳ってそうなんだ 

 

 

これが当たり前、だと思い込めばいい

要は、自分の思い込みが嫌な性格を捨てられなくしているんです。 

 

なので、この思い込みを丸ごと変えてしまえばいい。 

 

できるの、そんなこと?

もちろん! 

  

嫌な性格が出てきたら「らしくない」とつぶやく

変えたい嫌な性格が出てきたら、「自分らしくない」とつぶやきましょう。 

 

これを繰り返せば、嫌な性格は消えます。 

なぜなら、自分にとっての「当たり前」が変わるからです。 

 

なんで?らしくないっていうとどうなるの?

 

セルフイメージが変わる 

自分はこうだ! 

という自分自身の当たり前を「セルフイメージ」と言います。 

 

例えば、くよくよしてしまった時に「らしくない」と否定すれば 

 

(いつもは明るいのに)らしくない。 

 

つまり、いつもは明るいというのが自分の当たり前になります。 

 

これを続けていけば、くよくよするのはもはや当たり前ではなくなります。 

 

 

なので、新しい性格(あかるい)に変わっていくことができます。  

  

 

人間が変われない理由 

それは、変わりたくないからです。 

これを説明するのが「コンフォートゾーン」です。  

 

コンフォートゾーンとは、いつもいる居心地のいい空間です。 

  

コンフォートゾーンとは

例えば、先日トヨタの社長が 

「終身雇用はこの先難しい」 

と言い、議論を呼びました。 

関連記事:【終身雇用終了】これからの日本はどうなるか、26歳の元自動車メーカー社員が考えてみた。

これ、サラリーマンにとっては衝撃だったはず。 

でも、僕はフリーランスなので、全くのノーダメージでした。 

 

サラリーマンは、会社の中が「居心地のいい空間」つまり、コンフォートゾーンです。僕は、会社の外がそれです。 

 

 

要は、今までの「当たり前」が変わることを、会社員の多くは恐れたわけです。 

  

変わるのは怖い

いきなり上司から 

「来週から海外に出張してきてくれ」 

と言われると、どう思いますか? 

 

きっと、多くの人が不安に思うはずです。  

 

これは「当たり前の外側」に出るから。それが怖いからです。 

 

 

でも、時間は待ってくれません。 

アメリカに行きます。怖いです。 

  

 

…無事アメリカ生活スタートです。 

 

コンフォートゾーンの外に出たくない

ただ、人間の適応能力はハンパないもので、嫌だったアメリカ生活にも3ヶ月もあればなれてしまいました。 

 

つまり、できないと思っていたのは自分だけだったわけです。 

なぜか? 

 

それはコンフォートゾーンの外側に出たくなかったからです。 

 

   

なるべく、今までの自分でいた方が安全だからです。 

 

コンフォートゾーンは移動する

ただ、アメリカ生活も早3ヶ月。 

日本での生活より、アメリカでの生活が心地よくなってきました。 

 

もう、変わるのは怖くありません。 

 

なぜなら、すでに変わっているから。 

 

つまり、コンフォートゾーンが 

 

「日本での生活」から「アメリカでの生活」 

 

に移動したからです。 

 

 

常識の外側に出よう  

性格はイメージすると  

こんな感じです。 

 

かごの中にいますが、鍵はかかっていません。 

鍵をかけているのは自分自身なんです。 

 

外に出られる! 

と、思いこみを外せば、性格は変えられる。

 

 

つまり、性格は変えられる、と思えば簡単に変えられるんですよ! 

 

体育会系特有の根性論かと思ってた。 
そういうことかあ。 

バスケ部だからね!笑 

   

 

最後に 

一言で言えば 

 

性格は幻想 

 

です。 

元々いろんな自分がいるのだから、自分がなりたい性格になってもいいんですよ! 

  

変える方法をおさらいすると 

  1. 「らしくない」作戦 
  2. 環境を変える 
  3. できて当たり前だと考える

  

でした。  

みなさんが望んだ自分になる補助ができていればうれしいです! 

 

では! 

 

現場からは以上です。  

 

いつも読んでくれてありがとうございます!

またきてね〜

 

 

 

   

最新情報をチェックしよう!