レペゼン地球が大炎上。「炎上商法」って正解なの?まじめに考えてみた

 

意見が分かれた。 

レペゼン地球『擁護派』と『対立派』だ。 

 

まず、あの動画を観た率直な感想は、「はあ?」だった。  

好きでもなかったけど、尊敬してる部分もあった。ただ、一言で言うと興味がなくなった。  

 

何かの間違いか?とも思って最後まで観きったけど、やっぱりはあ?だった。 

もう、何をしても嘘にしか聞こえない。それだけ、心配していた自分がいたから、尚更急激に熱が引いていった。  

   

事の経緯をざっくり説明すると  

  1. ライフグループ所属芸能人のジャスミンさんが、DJ社長からパワハラ・セクハラを受けているとツイッターで報告
  2. DJ社長、事実であると謝罪。坊主にして謝罪動画を公開 
  3. 数日後、「今までありがとうございました。」との題名で動画を公開
  4. いざフタを開けてみると、全てが「ネタ」であり「炎上商法」であることが判明

って感じです。  

 

…確かにすげえなって思う部分はある。 

あそこまで考えて、人生かけてやってるのは素直にすごいと思う。DJ社長同い年だし。  

ただ、名が売れればいいのか? 

 

名が売れても、信用を失ったら意味がないと思う。 

  

 

炎上商法は「ネタ」じゃない  

個人的には「炎上商法」そのものが苦手です。 

何でかって言うと、愛が微塵も感じられないからなんですよね。 

 

ある芸人が言っていました。

先輩芸人をイジっても笑ってくれるのは、そこに信頼関係があるから。 

信頼関係がないイジリは、ただのイジメだ。 

と。 

 

その通りだと思う。 

発信者とユーザーにも、この関係に近いものがあると思っていて  

「あの人の動画は面白いから」

「発信者が好きで、応援しているから」 

という色んな信用の結果が、閲覧数であったりファンイベントの来場数として可視化される。 

 

ただ、信用には「底」がある。 

先輩芸人をイジるにしても限度があるし、一般の発信者とてその法則は同じ。 

 

やりすぎたら、人は離れていく。 

 

そもそもネタがネタとして成立する理由って、ユーザーのプライドの高さだと思うんですよね。「これくらいで動じねえし」っていう。 

だから、今回のことも「DJ社長天才!」と、本質が見えなくなってるんだと。 

 

ただ、何でも「ネタ」で済まそうとしてしまう風潮は、断固断ち切るべきだと思います。 

怖いよ、素直に。  

 

自分に子供ができて、街中でYouTuberに突撃されて失礼なこと言われて傷ついたとして、相手が「企画なので」とか言ってきたら普通にキレるもん。  

   

ネタかどうかを決めるのは、受け手だから。 

 

もう一回、基本に立ち返るべきなんじゃないかな。 

 

他人の興味を惹くために心配させる。  

それって子供が、「嘘泣き」してるのと同じなんですよね。注目してほしいから、泣きわめいて相手を心配させる。 

それって、どうなん?  

  

  

「モラル」も「マナー」も、どこ行った?  

本来大人が行動で示していくべき「モラル」とか「マナー」を、僕たち大人が示せなくなったら終わりじゃない? 

マナーとは、態度。礼儀。

引用:コトバンク「マナー」

モラルとは、倫理観や道徳意識のこと。世代や状況によって徐々に変化するマナーよりも普遍的な価値観を含んでいる。

引用:コトバンク「モラル」

 

これ、誤解を恐れずに一言で言うと、『想像力』だと思うんだ。 

蹴ったら痛いよな、悪口言ったら傷つくよな、とかそんな簡単な想像力。小さい頃から大人に厳しく教わってきたこと。  

 

何で今回こんなに荒れたのかって言うと、この想像力が欠けに欠けてたからだと思うんですよね。 

  • セクハラ、モラハラ被害にあった人 
  • レペゼン地球を応援してくれている人
  • ライターさん、そこに関わる全ての人達

最後の「ねえ、今どんな気持ち?!」ってやつも、かなり火に油注いでるけど、あれも想像力を働かせてないし、愛がない。 

  

影響力が大きいからこそ、愛がないと大きな反動になって信用もなくしちゃう。 

確かに拡散はされた。ただ、それと同時に多くの信用も失った。 

 

ルールでガチガチな社会も嫌だけどさ、想像力がなくなって、しかもそれを「ネタ」とか「冗談」で済ませる風潮が加速していくのは、もっと嫌だ。 

 

ネット上で匿名で意見できるようになって、より本音に近い議論ができるようになった気がする。 

だから、今こそシンプルな基本に立ち返る時なんじゃないか? 

 

「なんでもあり」って響きはいいけど、想像力の無い社会なんてクソくらえだ。 

 

もう一度、自分が社会的な存在であることを思い出そうぜ。 

匿名だからって、暴力振るっていい理由にはならないからね。 

   

 

有名になるって 

あと、ネームバリューと影響力は比例します。 

 

誰が言うかって一番大事だし、だからこそ有名になりたい。もっと知ってほしい。僕にもこの感情はあります。 

もっと自分を磨いて、素敵な大人になりたい。 

 

じゃあ、有名になれたら何でもいいのか?と言うと、ちょっと違う。 

 

少し想像すれば回避できる『相手の気苦労』とか『無駄な工数』は可能な限り避けるべきであって、それも愛だと思うんですよね。   

  

大切なパートナーが悩んでいたら「助けてあげたい」と力を尽くすように、できれば相手に悲しい想いをして欲しくないってのは、人間誰しもある感情だと思う。 

  

そういう尊い感情を逆手にとって利用して、有名人になっても、誰が応援してくれる? 

きっと、同じく想像力に乏しい人達だけじゃないですか。 

 

有名になっても、信用を失ったら意味がない。  

羊頭狗肉にならないように、細胞レベルで想像力を働かせていたい。  

 

自分の中の握り締めていたいもの。 

一人一人が、それぞれ再確認するキッカケになったと思う。  

 

想像力。そんな基本を、大人が忘れかけているんじゃないだろうか。 

   

 

最後に(レペゼン地球について思う事) 

僕自身は「セクハラ」を受けたことはないけど、最近知人がそれにあった。 

家から一歩も出れなくなるくらい悩んで、夜も眠れなくて絶望し切っていた、この間まで。 

 

それでも、何とか自力で立て直した。本当に心から安心したし、尊敬している。 

ただ、心の傷っていうのはほんの些細な事がトリガーになって記憶がフッと蘇ってきたりするものだ。 

 

だからこそ、影響力の強いレペゼン地球のような立場にある人、そうでない人が、それぞれ想像力を働かせていく必要がある。 

 

僕も、発信している以上、一定数の批判は覚悟の上です。 

それでも、少ない脳みそで最大限に想像力を発揮して書いています。 

 

全ての人を満足させることは出来ないし、目指さない。 

それでも、少しでも多くの人の前向きなキッカケが作れたら嬉しいです。  

  

最後に、レペゼン地球の行動力はすごいと思うので、僕ももっと頑張ります。 

  

最後まで読んでくれてありがとうございます! 

では。 

 

最新情報をチェックしよう!