「大人のアトピー」の原因とは?完治した元患者が5つ挙げます【体験談】

大人のアトピーの原因とは?元患者だったぼくの経験を元に考えられる「5つの原因」を挙げています。現在アトピーの人には、かなり参考になる「生の声」だと思います。

  

ども、3〜24歳までの21年間アトピーだったザッキーです。 

25歳で完治して、そろそろ1年が経ちます。 

  

今、大人になってアトピーを発症する人が増えているようですね。 

     

  

まず初めに結論を言うと、「健康的な生活」を送れば、アトピーは治ります。ステロイドは、あくまで一時的に抑える為に使います。

よく笑い、よく動き、よく食べ、よく寝る」 

 

動物的ですが、これがすべての基本です。 

    

 

ステロイドを塗ろうが塗らまいが、根本の生活を見直してはじめて完治します

  

 

未だに謎多きアトピー。 

色んな情報に振り回されますが、基本は「生活習慣の見直し」です。 

対症療法として、ステロイドは一時的に「味方」につける。   

       

       

今回は、あらゆる状況を経験してきたぼくから、大人のアトピーの原因となりうるものを5つ挙げました。 

    

  

    

大人のアトピーで考えられる「5つの原因」 

まずは結論です。 

 

  1. ストレス 
  2. 運動不足 
  3. 睡眠不足
  4. 座りっぱなし  
  5. 食生活の乱れ

   

これらのどれか、というより、これら全てが複合的に絡み合い、結果的にアトピーの症状として現れているんだと思います。 

  

 

ぼくが完治するためにやったことは 

ストレスケア、運動(ランニング、筋トレ)、規則正しい生活、「よく笑い・よく食べ・よく寝る」 

の実践でした。

これら全てが揃って、アトピーが良くなりました。 

    

 

一つずつかみ砕いていきます。 

      

  

①ストレス  

ストレスは万病のもと」と言われますが、これはアトピーも一緒です。  

 

最近、こんなことはありませんか? 

  • 胃がキリキリ痛む 
  • 笑う回数が減った気がする
  • あしたのことが憂鬱で、夜なかなか寝付けない  

 

こう言った症状は、日常的にストレスを溜め続けている証拠です。 

  

これがアトピーの症状である痒みや発疹として現れるメカニズムはわかりません。ただ、間違いなく影響はあります。 

  

絶対に、ストレスは溜めずにこまめに発散しましょう。 

   

 

ぼくは、24歳で会社を辞めるまでかなり重度のアトピーを持っていました。(Tarc値=12,840) 

当時、毎日のように胃が痛み、ストレスでうつになりました。 

   

       

「脱ステ治療」に定評のある有名なお医者さんがいる病院に一ヶ月「入院治療」しても、完治しませんでした。(むしろ地獄だった) 

   

  

ただ、辞めて以降、じぶんを変えたくて勉強しはじめた「心理学や脳科学」の知見を元に「じぶんを大切にする」ようになったんです。 

 

その結果、あれだけ治らなかったのに、痒みが引いていった経験があります。 

     

   

ちょっとくらい我慢しよう、と言わず、じぶんの心を一番に大切にしてあげてください。 

    

    

もちろん、心理学だけで完治したわけではありません。  

強いストレスを感じ続けていた新卒の会社員時代は、何をしても症状が快方に向かうことはありませんでした。 

   

 

ただ、一度だけ、快方に向かったことがあります。 

  

  

それが、次に考えられる第二の要因である「運動不足」です。 

 

   

  

②運動不足  

運動不足は、かなりアトピーに影響があります。   

  

厚生労働省の調べによると、「30分/回の運動を週2回、一年間継続している」人の割合は、男性で35.9%、女性で28.6%だそうです。  

引用:厚生労働省「平成29年 国民健康・栄養調査結果の概要」pdf

  

しかも、30代男性は14.7%、20代女性に至っては11.6%です。 

  

これだけ運動不足が蔓延しているのは、はっきり言って異常だと思いませんか? 

 

  

ぼくが会社に在籍中、一度だけ症状が良くなったことがあります。それが 

自動車工場でのライン作業」に、4ヶ月の現場実習で就いたときでした。 

    

この仕事、ご想像の通りかなり体を動かします。  

  

 

ぼくは元々「開発・実験」部署で働いていたので、そこまで体を動かしていませんでした。   

座っている時間が多かったのです。 

 

  

ただ工場では立ちっぱなしですし、一日で10キロ以上は仕事中に歩きます。 

これが、ぼくのアトピーには良かった。 

  

 

ほとんどの発疹が消え、痒みもなくなり、心身ともに健康な状態で4ヶ月過ごすことができたのです。(元職場に戻って、即再発しました) 

   

    

もちろん、運動によるストレス軽減、リズミカルな動きによるセロトニンの分泌など。副次的な要因もあると思います。 

どれが良かったとは言えません。 

  

 

ただ、間違いなく運動は大事です。 

 

   

第四の要因「座りっぱなし」でも説明していますが、再発したときも、慢性的な運動不足だったのです。  

     

  

必ず運動しましょう。 

  

    

 

③睡眠不足 

睡眠不足だと、ストレスが増加します。 

  

脳には「扁桃体」という危機感知センサーのような役割をする部位があります。 

 

これはすごく動物的な働きをしていて  

例えば、近くにライオンがいたら頭で考えるより先に「戦うか・逃げるか」を判断しないといけません。 

 

そんな時に、一瞬で判断してくれるのがこの扁桃体です。 

 

 

睡眠不足は、いってしまえば常に狙われやすい存在だということ。 

それを脳が自覚しているので、必要以上に周囲の刺激に敏感になります。 

 

結果、ストレスを多く抱えてしまう。アトピーの症状が出る。眠れない。。 

 

というバッドループに入ってしまいます。 

   

 

今は「スマホ」や「テレビ」などの電子機器が身近にありますよね。 

   

特にスマホ。寝る前のSNSチェックなどは、睡眠の質を大きく下げます。 

日中の眠気は、良質な睡眠を十分に取れていない証でもあります。  

    

   

十分睡眠時間を確保するように、日中の過ごし方を工夫しましょう。 

 

 

   

④座りっぱなし  

座りっぱなしもアトピーを悪化させる原因でした。 

  

というのも血の巡りが悪くなり 

  • 栄養が全身に行き渡らなくなる 
  • 姿勢が崩れて呼吸が浅くなる 

 

という原因になるからです。 

  

「オーストラリアの研究機関が座位時間と総死亡リスクについて調査したところ、1日の総座位時間が4時間未満の成人に比べて、8~11時間の人だと15%増、11時間以上だと40%増、ということがわかった。このパーセンテージは、WHOが推奨する1日30分以上のウォーキングやランニングなどの運動を週5日実施していても、相殺できない」(岡教授) 

   

座りすぎは、確実に体に異変を起こします。  

    

 

一度目の完治の後、2ヶ月間ゲストハウスに泊まってブログ(この「むげろぐ」)を書き続けていたことがあります。 

 

朝から寝るまで、主にスタバにこもり14時間ほど座って記事を書いていました。 

   

  

その結果、主に太ももからお腹、お尻の周りに発疹が出てきて、痒くなって眠れなくなりました。要は、再発したんです。 

  

 

その後、フルタイムで体を動かす建設機器メーカーのライン作業(動きっぱなし)に従事してから、5日で治りました。 

 

 

確信しました。 

 

座りっぱなしは絶対に良くない。

   

   

ぜひ、オフィスストレッチなどを取り入れて、定期的に立ち上がるようにしましょう。  

今ではスタンディングデスクの需要も高まっているみたいですね。よかったら検索してみてください!(ぼくも購入を検討しています!) 

   

   

  

⑤食生活の乱れ 

最後、5つ目です。 

ぼくが以前いた会社に、40歳を超えて急にアトピーを発症した人がいました。 

 

その方は 

連日飲み会、タバコ、仕事中ほとんど座りっぱなし、常に文句を言っている(ストレス)  

という方でした。 

  

 

急にアトピーになったので、びっくりしてステロイドを塗っていましたが、一向に治りません。  

   

 

それも当然です。そうなった生活そのものを改めていないのですから。 

     

 

健康な食事は、やめてから初めてその恩恵を知ることになります。 

   

病気になって知る前に、知っておいてください。 

    

   

健康な生活は、食事から始まります。 

    

   

 

最後に  

正直、アトピーはコレといった治療法がありません。 

 

ただ、ぼくの経験上、間違いなく一番大きいのは「ストレス」です。 

 

みなさんに強く伝えたいのは、自分を大切にしてください、ということ。 

   

   

相手を優先してストレスを抱えたり、連日の夜更かしで体を痛めつけたり、は今日からやめましょう。 

   

少しずつ、人生の最優先事項を「自分の健康」に。 

    

入院治療中に思い出すのもキツイ体験をして以降、人生で一番大切なのは「健康な身体」だと、ぼくは確信しました。 

 

  

幸せは、健康の上に成り立ちます。 

  

 

成人アトピーの原因は、おそらく今回あげた5つによるところが大きいと思います。 

  

とにかく、迷ったら自分を大切にする選択をしてください。 

  

よく笑い、よく動き、よく食べ、よく寝ましょう。 

  

大人になっても、この原理原則は一緒です。

 

 

一度、今の生活を見直してみてくださいね。 

 

では。   

 

 

関連記事 

両親が不仲だったおかげで、ぼくは幸せになれたという話。

【脳科学】やさしいあなたがビビらなくなる「ちょっと悪い」3つの方法

 

最新情報をチェックしよう!