【心理学】元金欠が語る!お金持ちじゃなくても幸せになるたった1つの方法

   

ども、ザッキーです。 

安定のスタバなうです。  

   

   

実は、金欠でも「億万長者より」幸せになれるってご存知ですか? 

そう、お金の使い方次第なんです。 

  

ヒントは「心理学」にあり。    

    

  

今日は、幸せになれるお金の使い方をご紹介します!    

   

   

 

  

結論:お金は「他人のために」使うと幸せになれる 

やることはたったの1つ。

自分以外の誰かのためにお金を使うことです。 

 

え、自分のためじゃないの?

そう、他人のためになんだよ、実は。 

う〜ん、綺麗事に聞こえるな〜

だよね。でも、単純に「寄付しよう」という意味でもないんだ。

  

これには3つの「科学的な理由」があるんです。  

   

①3つの科学的な理由 

実は、すごく科学的な話なんです。 

 

①-1:脳は、快楽に慣れる 

まず脳は、快楽になれます。 

  

大好きなブランドの服や、高級車を買うと、脳内に「ドーパミン」が放出されます。 

ドーパミンは、興奮作用があり、一時的に快楽を感じます。 

  

そう、一時的に。  

   

  

高級な車も、買ってから数ヶ月は嬉しいかもしれません。 

…でも、慣れますよね。 

  

おそらく、似たような経験がみなさんにもあると思います。僕ももちろんあります! 

  

なので次は、幸せが「長続きする条件」について。 

   

①-2:消費による幸福度は時間とともに下がる

メンタリストのDaiGoさんによると、人間の幸福度は 

「経験」は右肩上がり、「消費」は右肩下がり、に変化するそうです。 

  

具体的には 

高級な料理、マイホーム、お酒などです。 

  

僕も会社員時代、中古で某スポーツカーを購入しました。が、毎日乗っていると、だんだん当たり前になるんですよね。途中からただの筐体にしか見えなくなり、2年が経つ事には、所有による「ステータス」に、幸せは感じていませんでした。

   

 

個人的な消費よりも、相手を巻き込んだ「経験」による幸せの方が長続きします。  

   

慣れってこわいね〜

  

   

①-3:ポジティブ心理学  

  

幸せな人生を研究する、ポジティブ心理学でも、意味のあるお金の使い方は、幸せに直結するという結果が出ています。  

関連記事:幸せの5つの条件「PERMA」を心理研究家ザッキーが解説!

  

その意味のある使い方が、他人のためにお金を使うこと。 

  

論より証拠。 

ということで、実際に「幸せなお金の使い方」をしている人をご紹介します。

  

だれだろ〜

   

②幸せなお金の使い方をしている3人の有名人 

  

②-1:筆者  

だれかと思えば、君かね。(有名人??)  
次に出てくる人超有名だけど大丈夫?

うん、気にしない!笑 

   

僕はスマホを2ヶ月も止められるくらいの金欠生活を一時期送っていましたが、それでも幸せでした。 

    

理由の一つは、少ないながらもいろんな人にお金を使わせてもらってきたからです。 

  

  1. 炎天下で農作業してるおばあちゃんには「水」を。 
  2. 冬の寒空の下、カラオケのキャッチをしているお兄さんには、「あったかいお茶」を。 
  3. 路上で弾き語りしていた女子高生にも、「あったかいお茶」を。 
  4. 寝ているホームレスのおっちゃんには、「おにぎりとカイロ」を。 
  5. クラウドファンディングで友人を支援

  

こんな感じで、他人にお金を使ってきました。 

  

というか、一方的に使わせてもらってきました。感謝。  

    

   

自慢するわけでも、感謝してほしいわけでもない。 

  

これが一番、僕自身が幸せになれる方法だからです。 

   

    

100円でも幸せになれる 

偽善だと思われてもいいんですが、初対面の人を愛す能力がわりと高いです。 

  

だから、少しでも喜んでもらいたい。その気持ちでプレゼントしたら、ほぼ100%喜んでもらえます。 

たった100円で、心に残る幸せを生み出せるんです。 

  

  

僕も、ぶっちゃけ金持ちになりたいです。笑 

  

ただ、稼いだら稼いだだけ、僕より暗い顔をしている人のために使いたい。 

喜んでもらいたい。  

   

  

それが、僕が一番幸せになる方法でもあるからです。  

   

ご利用は計画的に

猛省しました。笑 

  

  

②-2:苫米地英人さん 

 

きたー!! 
天才脳科学者の苫米地さん!  
わっしょーい!!

おい、さっきとテンション違いすぎや、ねこきち!笑 

  

機能脳科学者の苫米地英人さんも、幸せなお金持ちです。 

  

 

苫米地さんが脳の研究をする理由をご存知ですか? 

 

戦争をなくして、世界平和を実現するためです。 

 

綺麗事かもしれませんが、なんだかんだ、みんな心の中で願っていることは同じですよね。 

 

苫米地さんは、争いを起こすのは人間だから、人間を動かしている「脳」の研究をすれば世界平和を実現できるんじゃないか、という考えで人生を捧げているそう。  

 

かっこいいなあ

ね!尊敬してるんだ。

   

 

ちなみに、何か買い物をしたら、同額のものを友人にプレゼントする習慣があるそうです。 

  

 

自分一人での幸せには限界がある。  

それは、脳の研究の第一線で活躍されている苫米地先生の行動からもわかります。 

  

  

 

ちなみに、話は逸れますが 

苫米地さんは華奢に見えて、沖縄空手、極真空手、などを幼い頃から習ってきた武道家。 

また、苫米地さんの祖父は偉大な柔道の師範代で、弟子のロシア人が作ったのが後の「サンボ」です。 

 

元人類最強の男、エメリヤーエンコ・ヒョードルが習っていた武道と言えば、そのすごさがわかるかもしれません。 

  

まさに、ギャップ萌え。 

   

話が逸れました!

  

 

③ムヒカ大統領 

ご存知、第40代ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカさん。

  

あ、知ってる!

  

彼も、奥さんと月1000ドル程度で必要最低限の生活を営みながら、残りのお金は学校建設費や、自身の政党に寄付しているそう。 

 

 

世界一貧しい大統領」と言われていますが、果てしてそうでしょうか。 

  

 

多くの人に愛され、世界中の人から尊敬されているムヒカさんは  

  

  

 

世界で一番豊かな大統領 

 

 

 

だと思います。そう思いませんか?  

 

 

 

彼が、2012年6月20〜22日の間、リオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の「持続可能な開発会議」で、言っていた言葉を一部引用します。 

貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」 

これは、この議論にとって文化的なキーポイントだと思います。 

私は国の代表者として、そういう気持ちでこの場に参加しています。

引用:佐藤美由紀著(双葉社)-世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉 P12 9〜13行目

 

 

これぞ、愛される男。 

物質は、もうすでに足りてますからね。 

 

みなさん、いまどうやってこのブログを読んでいるか考えてみてください。 

スマホもパソコンも、やばくないですか? 

文明の利器すぎません?笑 

 

  

③たくさん稼いで、たくさん回そう

 

とはいえお金はほしいよ。

うん!それでいいんだ!

え、そうなの?

  

まずは自分を満たしてあげる。 

この考えが、実はかなり大事です。   

  

③-1:まずは自分を満たそう  

 

自分から溢れた幸せ=相手にプレゼントできる幸せ    

です。 

自分が苦しい生活をしながら、周りの人だけ幸せにしても、それは最終的に誰も報われませんからね。

 

お金を稼ぐ目的は? 

お金を稼ぐ目的って、なんでしょう? 

ぼくは、幸せになるためだと思います。 

 

そして、大事なことが

  

幸せは「かけ算」 

だということです。 

  

幸せは「かけ算」 

どういうこと?

自分の幸せがゼロでも、相手がゼロでもよくない。 

 

自分が6で、相手が1なら、答えは6です。  

でも、お互いが3ずつ持てば、合計は「9」になる。 

 

 

つまり、自分一人で幸せを目指すよりも、分け合った方が大きな幸せを得られるんです。 

 

ぶっちゃけ僕ももっと稼ぎたいです(笑)

ただ、必ずしもお金がないから不幸なわけではない、ということ。 

  

③-2:自分を満たした分だけ、幸せが広がる 

 

なので、まずは自分を幸せにするためにお金を使ってあげてください

自分を満たして、最高に幸せになってください。 

   

  

その先は、もう僕が言いたいことはわかってもらえると思います。 

毎日高級なうなぎ食べていいって事?

 

 

そう、周りの大切な人も一人ずつ幸せにしてあげてください! 

美味しいうなぎを食べに連れて行ってあげてもいいです。笑  

 

ザッキーうなぎ食べに連れていって〜

よし、ブログ頑張る!笑 

  

 

 

 

  

最後に  

いかがでしたか? 

  

まとめると  

  • 自分の快楽の為の消費には、限界がある 
  • 他人のためにお金を使うと幸せになれる 
  • たくさん稼いで、たくさん幸せの輪を広げよう 

  

でした! 

  

この記事が皆さんのお役に立てるとうれしいです。 

    

おまけ(僕の話)  

なぜ、僕が「まずは自分を満たそうぜ」と言うのかというと  

実は、3〜24歳までアトピーに悩んでいたからです。 

  

  

いくら、「他人のために何かしようぜ」と言われても、当時の僕の心には響きませんでした。  

結構しんどかったので。 

  

   

ただ、完治して、かなり自由な生活ができるようになったら、どうしようもなく周りの人に貢献したくなったんです。 

  

  

辛い経験を乗り越えた人間は強い 

と言いますが、これは真理だと思います。 

   

  

心理学も、脳科学も、カメラやブログでさえ、「そっと背中を押したい」という想いが根底にあるので、どれだけの時間やっていても全く飽きません。 

  

もちろん悩むこともあるけどね!

    

  

お金も、やりたいことも、その先に「他人の幸せ」まで描いている人は、かなり幸せなんじゃないかと思います。 

  

僕は今日もブログを書きまくります。 

本読みます。ツイートしまくります。  

  

少しでも、楽しい世界になるといいな、と思う。 

   

   

これからもよろしくお願いします! 

 

  

以上、現場からでした。  

  

最後まで読んでくれて

ありがとうございます!

良い一日を〜! 

  

関連記事:YouTuber・ゆたぼんを叩いてどうする日本 

関連記事:人間関係を整理してみたら「9割の悩み」がなくなった件【課題の分離】

関連記事:100冊以上の自己啓発本を読んできた僕がオススメする『本当にオススメの自己啓発本』ベスト5!

  

  

   

最新情報をチェックしよう!