口癖の心理学。「でも」「いや」「なんか」は今すぐ止めろ。

 

ども、ザッキー(@kazuma_215)です。口癖は「ドリップコーヒーください」です。 

ああ、スタバ行きたい。

ヤッホー! 

 

みなさん、自分の口癖って気にしたことありますか? 

ちょっと、とか、逆に、とか色々ありますよね。 

 

ただ、知らぬ間にあなたの「才能の芽を摘んでしまっている口癖」があるって聞いたらどうですか? 

…ドキドキしますよね!笑 

 

今回は、才能を開花させるために「やめるべき口癖」を3つご紹介します。 

僕はこの3つをやめてから、圧倒的に自信がつきました。怖いもんなしです。 

 

では、行ってみましょう!  

 

  

口癖の心理学 

まず結論ですが、 

  1. でも 
  2. いや 
  3. なんか

をやめるべきです。 

 

1つずついきましょう!  

 

①「でも、」

でも、は現状維持宣言です。

このでもが出る心理は、「変わりたくない!」なのです。

たとえば… 

 

部長『君、才能あるよ!この案件、ぜひリーダーとして引っ張ってほしいんだ。いいかな?』 

と仕事の成果を認められ、新たなステージへ進むキッカケが目の前に現れた時。

ここで、自信がある人なら「いいともー!!」、もしくはストレートに断ります。笑  

  

ただ、でもをいう人はこんな感じ。 

  

 

え〜、でも僕よりあいつの方が向いてるんじゃないですか?それに僕、人をまとめる器じゃないですし。」  

 

ウンウン、ってなんでやねん!

部長が推してくれてるのに、なんでやねん!!  

にゃんでやねん! 

  

そう、変化を恐れるが故に、成長のキッカケをふいにしてしまうんです。マジでもったいない!! 

 

理由はきっと 

めんどくさい、失敗したくない、恥をかきたくない…など。     

  

でも、の後に続く言葉って、だいたい「できない理由」ですよね。変わりたくないから、やらなくて良い理由を探しているんです。 

  

 

ただ、それで本当にいいのでしょうか?

ちょっとだけ熱くなっていいですか?

無限の可能性を秘めて、僕たちはこの世に生まれてきました。

これは、誰にも覆せない事実。 

 

この可能性、自分で開花させた方が人生楽しくないですか? 

僕は、楽しいと思います。

しかも、それが口癖一つ変えるだけで成長できるって考えると、ワクワクしてきませんか?  

  

少しでも才能を伸ばしたいなら、なんどでも挑戦です! 

このでもという口癖はあなたの辞書から捨て、挑戦しましょうよ! 

    

ちなみに、人間は元々「プラス思考」なんですよ。

会話していてなにかと「でも」から入る人は、一緒にいて退屈。なんなら怒りさえわいてきませんか?  

それも、プラス思考だから。明るい未来を見たいのは、人類共通です。  

   

ぜひ、じぶんの才能に前向きでいるために、この口癖をあなたの辞書から捨てましょう! 

 

でもの代わりには「ただ、」が使えますからね!これは前向きな解決姿勢からでる言葉。

  

こっちを使っていきましょう! 

  

 

②「いや、」

これは、自分の正当性のみを訴える言葉です。

言い訳すると、成長が止まるって知ってましたか?

 

南カリフォルニア大学のトーマス・デュパルは、失敗しても「自分の努力不足のせいだ」と考えた方が、将来的に自己改善能力が高まると言っています。 

  

なにか指摘されたときに、とっさに「いや」と言っている人は要注意です。知らぬ間に可能性にフタをしてますからね。 

あなたの才能がさびつかないように、今すぐ「才能の蛇口」を開放しましょう! 

   

ちなみに名著「7つの習慣」の『第一の習慣は”主体的である”』です。 

created by Rinker
¥1,080 (2019/08/22 16:22:28時点 楽天市場調べ-詳細)

 

そう、何があっても「自分のせい」にして、努力する姿勢が、あなたの才能を伸ばすんです。 

あ、自己否定はしなくていいですからね! 

 

まずはこの「いや、」という口癖を捨てるところから、はじめて行きましょう! 

  

   

③「なんか、」

もはや日常会話に溶けこみすぎてて聞き逃してる疑惑ありますよね!笑  

  

なんかは、「批判されたくない」という心理の表れです。また責められても言い逃れする道をつくっておきたい心理でもある。  

  

少し自己啓発ちっくな話ですが、自分の人生は、自分で作っていくもの。そう、主体性がいるんです。 

南極と北極のように、なんか、は主体性とは対極にある言葉。 

 

もし周りに「責任感が強い人」がいたら、耳をたてて聴いてみてください。なんかはいわないはずです。 

  

この「なんか」を辞書から捨てると、とんでもない全能感を味わえます。 

全て、自分で決めていくんだ!という強い覚悟と共に。 

 

 

ぜひ、「なんか、」はやめて、主体的な行動を起こして行きましょう! 

人生、楽しもう! 

  

最後に 

口癖、もっと言えば言葉って面白いですよね! 

 

僕のブログ「むげろぐ」の心理学カテゴリーに、面白い記事がたくさんあります。3分ほどお時間あれば、ぜひのぞいて帰ってくださいね。 

 

(チラっ) 

では、最後まで読んでくれてありがとうございました! 

シェア、コメントいただけると今日の晩御飯が美味しくなりますので、どうぞよろしくお願いします…!笑 

最新情報をチェックしよう!