完璧主義をやめると人生変わる件。

ども、ザッキーです。 

安定のスタバから。おちつきます。 

ヤッホー!

   

僕はもともとかなりの完璧主義でした。 

電車で席をゆずらない人がいるとソワソワしたり、色々しんどかった。 

 

けど、やめました。 

やめてから、圧倒的に人生が楽しくなりました。 

  

完璧主義をやめる3つのメリット  

 

やめるメリットは以下の3つ 

  

  1. 人間関係が良くなる 
  2. 生きてて楽しくなる(自己肯定感アップ) 
  3. 継続しやすくなる 

  

です。 

それぞれ深掘りしていきます。 

  

①:人間関係が良くなる 

まずこれです。人間関係がかなり良くなります。  

   

理由:相手の長所に気づけるようになる 

そう、完璧主義をやめると、相手のいい所に目が向くようになるからです。  

 

さらにいうと、否定するより褒めるから、関係は良くなります。 

 

心から褒められると、うれしいですよね。  

褒められると、あいてに好意をもちます。 

経験あるにゃ〜 

   

   

100点、なんていらない 

例えば、自分の子供が学校のテストで 

 

98点 

 

をとってきて 

ねえねえ、みてみて!! 

 

と興奮気味にあなたの元に持って来ました。 

(もし子供がいない場合、立場を入れ替えてみてくださいね!) 

   

 

ただ、完璧主義な人は、きっとこう答えます。 

 

惜しい、あと少しで100点だったのに 

と。

 

子どもは、どう感じると思いますか? 

 

 

きっと、ああ、98点じゃダメなんだ、と感じます。 

 

そう、否定された気分になるんです。    

 

完璧主義は「相手を否定している」 

  

日本ではありがちですが、相手に期待するリスクとして、相手を否定された気分にしてしまいます。  

  

あなたなら、もっとできる、と。 

期待の表れですね。  

  

ただ、人間は原則として 褒めて伸びます。 

 

なので褒めた方がいいんですよ。 

   

    

甘やかしてもいいのか? 

でも、甘やかすのは良くないんじゃない? 

そう! 
褒める、と、甘やかす、はかなり似てるけど、実は違うんだよ。 

 

Superflyのボーカル・越智 志帆(おち しほ)さんが歌手を目指したキッカケをご存知ですか? 

小学校の時、全校生徒の前で歌って褒められた、それがキッカケだったと以前ラジオで話していました。  

 

それだけ? 

と思うかもしれませんが、人間はそれだけ褒められると可能性を広げていけるんですよ。 

 

 

きっと、当時の先生に、大人になった越智さんはかなり感謝しているはずです。 

   

越智さんは愛媛出身だよ

ぼくと同じです! 
(越智さんは今治市出身)

    

下手だから、と否定しなくてもいいんです。 

相手が「もっと上手くなりたい!」と思えるように良い言葉をかけてあげることが「褒める」こと。 

  

相手の可能性を引き出していきましょう!  

 

結論:相手のいいところを褒めよう!   

相手の良いところを褒めましょう。 

結果的に、それが良い人間関係につながってきます! 

 

きっと、あなた自身も明るい気持ちになって、さらにいい関係が築けるようになりますよ。 

  

かたのちからぬいていこうぜ〜

   

   

②生きてて楽しくなる(自己肯定感アップ) 

お次はこれです。 

完璧主義をやめれば、生きてて楽しくなります。 

  

理由:自己肯定感がアップする 

 

自己肯定感ってご存知ですか? 

自分の存在そのものを好きになる力のことです。 

  

この力が高まると、毎日生きているだけで幸せになります。 

  

理由は単純で、自分のことが好きになるからです。 

 

しかも、小さいことに感謝できて、自分のことがより好きになる 

という無限ループに乗れるんですよ。 

  

カメラマンになったKさん   

僕の知り合いにカメラマンのKさん(仮名)という方がいます。  

 

もともと、カメラ歴はゼロでした。 

 

多くの人は、カメラの勉強をしてから、プロになろうとします。 

ですが、Kさんはまずプロになりました。 

  

 

実際にお客さんを撮らせてもらうことで、現場から学んで、急成長していきました。 

 

お客さんに叱られることもありますが、それ以上に「感謝」されて、どんどんハマる。 

 

めちゃくちゃ楽しんでいて 

「毎日幸せ!!」 

と言っていました。 

 

プライドを捨てて、とにかく挑戦する。 

  

  

そして挑戦した自分のことが好きになって、どんどん生きてて楽しい!という状態に変わっていったんです。 

   

 

…。 

ちなみに、Kさんは僕のことです(笑) 

本名はカズマ(K)なので。  

 

たーしかーにー知り合いだ

牛乳に相談だ、みたいにいうやん

(笑) 

   

  

適当にやるって、失礼じゃない?   

でも、適当にやるのは良くないよね? 

もちろん! 
手を抜け、って意味でもないんだよ。 

  

もちろん、適当なものを相手に渡すのは失礼です。 

僕も、120%全力で撮影しています。  

 

ただ、今の全力が、自分の実力。    

実力は、徐々に上がっていくものです。 

 

なので、全力を出して、ただ、完璧は求めない。 

そうすると、自信がついてどんどん人生楽しくなりますよ! 

  

小さな成功体験を重ねよう

ちなみに 

心理学には「学習性無力感」という言葉があります。 

マーティン・セリグマンが提唱したよ! 

アメリカ心理学会の元会長だにゃ〜 

   

何かというと、ずっと目標達成できないと、自信を失って挑戦することさえしなくなる、という人間の行動原理です。  

 

克服方法は、ハードルを下げる。できたら、褒める、です。 

そうして、小さな成功体験を重ねることが、学習性無力感の克服方法。 

  

「できたら褒めろ!学習性無力感を乗りこえて楽しく生きよう」という記事を執筆中なので、近日公開しますね。 

楽しみにしててね〜 

   

結論:まずはバッターボックスに立とう

結論として、完璧を求める前に、まずは一歩踏み出して、こまめに自分を褒めてあげましょう。 

 

そうすることで、自信がつきます。 

すると、人生楽しくなります。 

結果的に、どんどん挑戦できて、さらに人生楽しくなります。 

 

完璧主義、やめたくなってきませんか? 

    

   

③継続しやすくなる 

最後、3つ目です。 

完璧主義をやめれば、あらゆることを継続しやすくなります。 

  

理由:ハードルを圧倒的に下げるのが、習慣化の第一条件 

 

習慣化のコツは、とにかくやる、です。 

そのためには、ハードルを圧倒的に下げる必要があります。  

 

作家でありミニマリストの第一人者・佐々木典士さんは 

人の「やる気」なんて簡単なハードルがあるだけで、簡単にどこかへ飛んでいってしまう。 

佐々木典士(ワニブックス)-ぼくたちは習慣で、できている。P155 4〜5行目

と言っています。 

要は、ハードルを下げれば、やる気がなくても続けられる、ということ。 

 

 

多くの方が継続できない理由は、完璧主義だからです。 

 

  

ハードルを下げれば、やる、がかなり楽になります。  

   

ランニングも習慣化  

ランニングを例にとります。(運動ならなんでもオーケーです!) 

猫じゃらしもありだよ〜

運動不足解消のために、ランニングを習慣にしようとします。 

 

ただ、だいたい、1週間であきらめます。 

  

これも、ハードルが圧倒的に高いから。  

 

目標が 

  • 毎日10キロ走る 
  • キロ5分以内で走る 
  • 毎日自己ベストを更新する 

 

という風に、初めからハードルが高いんです。 

ちなみに、これは僕が過去に失敗した時の実際の目標です(笑) 

 

ストイックすぎぃ!  

もちろん挫折しました(笑) 

 

今は「毎日散歩する」に切り替えて、虎視眈々とランニングに切り替えようと狙っています。笑 

 

ストイックは、よくないのか?  

とはいえ、ストイックなのはぶっちゃけ良いことだと思っています。 

成長できるからね。  

ねこきちもハンティングのときストイックだよね 

  

ただ、初めからストイックだと継続は難しくなります。 

 

いま、ブログ連続更新51日目(2019/5/20現在)ですが、最初からかなり飛ばし気味にきたので、あんまり説得力がないかも(笑) 

 

ただ、書けたら必ず出す、というルールを設けていました。 

 

いえーい!かんぺき〜! 

と思えなくても、とにかく下手くそでも書いたら公開する。  

 

それを続けていると、かなり文章も上達して、今では過去の記事は目も当てられないくらいになったので、うん、かなり成長しています。笑 

  

リライト中です〜! 

   

今の自分の全力を尽くしたなら、自分を褒めてあげましょう! 

そして、アウトプット。 

 

そうすれば、実力も必ずついてきます。 

 

結論 

ということで、完璧ではなくても、とにかく続けることで習慣化できます。 

 

これを機に完璧主義を克服してみませんか? 

 

まずは、毎日散歩することから!笑  

ザッキーはそろぼちランニングに移行する時期だね 

う、うん!あ、ちょっと散歩してくるわ〜

ふふ(笑) 

    

 

最後に 

ぼくは完璧主義をやめてからかなり幸せです。 

 

色々妥協しちゃうんじゃない? 

と思っていたけど、むしろ逆で、楽しいともっと突きつめたくなるので、実力的にもアップしています。 

カメラもブログもいい感じやね

ありがとう! 
これ書いてるのわいやから、自画自賛やね(笑)

  

 

あなたも完璧主義、やめてみませんか?  

  

「完璧主義のスゴイやめ方」という記事を執筆中なので、近日公開します!楽しみにしててくださいね〜! 

 

みなさんの人生が楽しくなりますように。 

 

では。  

 

現場からは以上です! 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます! 

またきてね〜 

   

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!