これで99%解決!陰口をやめさせたい時に役立つ「リフレーミング」とは?

心理学ブロガーのザッキーです。 

 

陰口はなくなりません

 

いきなりすいません! 

はあ?って感じですよね。 

ぼくも最初はそうでした。 

でも、そんなぼくに生きるヒントをくれたのは脳科学者の中野信子さんだったんです。  

 

created by Rinker
¥1,430 (2019/10/14 11:19:16時点 楽天市場調べ-詳細)

  

陰口みたいなイジメはなくならない。 

でも、対処することはできるってことを書いていました。 

 

   

陰口は無くならないからこそ対処法を知ることが大事

この本を読んでから陰口や仲間はずしみたいなイジメは無くならないってわかりました。 

この記事では陰口で悩んでるあなたを必ず救いだしてみせます。 

 

ただ、陰口そのものをなくすことはできないって事実だけは先に知っておいてほしいんです。 

なんで無くならないの?

人間の生きる知恵だからだよ

 

陰口は「仲間同士の結束力を高める行為」です。人間みたいに一人で生きられない存在は仲間と協力しないとですよね。 

  

まあ、一言でいうと人間って弱っちいんですよ。 

だから、集団生活だとどうしても発生するものだと割りきってほしいんです。

納得いかないにゃ

ほんまな

 

どれだけ卑怯なやり方だとしても、心が弱い人間は陰口を言い合うことで団結するしかないんです。

 

でも、大丈夫。

  

精神論で「他人の目なんか気にするな!」って言っても気になるものは気になりますよね。だからこそ、取り扱い方を学べばいいんです! 

 

あなたは陰口には負けない。

陰口とは戦わなくていい。むしろ戦っちゃダメです。  

   

ぼくは3年以上心理学を学んできました。ずっと陰口に悩んできたけど今では痛くもかゆくもありません。

今回はザッキーからあなたに1つ武器を渡します。

使うか使わないかはあなた次第。

ただ、現実というダンジョンを前に進めたいならきっとあなたの役に立つはずです。

さあ、行ってみましょう! 

   

 

陰口をやめさせたいならリフレーミングを使おう!  

リフレーミングはものの見方を変える技術です。 

フレームはメガネのフレーム。文字通り新しいメガネをかけて世界をみようぜ!ってのがこの技術です。 

 

ぼくが説明するより具体例を見たほうが早いと思うので、ここで3人の”リフレーミング神”をご紹介します! 

 

3人のリフレーミング神 

1人目:キンコン西野さん 

みなさんご存知のキンコン西野さん!  

 

彼はリフレーミングの達人です。 

先日こんな記事を見ました。 

関連記事:「少子高齢化対策、やめちゃえば?」キンコン西野さんに“高齢化問題”を考えてもらった | 新R25

  

この記事は「少子高齢化で将来が心配」「貯金とかどうしよう」って胸を西野さんに相談するって企画だったんですけど、回答がまさにリフレーミングのオンパレードでした。  

 

理想論に聞こえるかもしれませんが、日本はおじいちゃんおばあちゃんが大活躍する「“老人先進国”のモデル国家」を目指しちゃえばいいんですよ。

今そのモデルとして一番いい位置にいるのって、間違いなく“世界一の高齢社会”である日本なんで。

   

少子高齢化って、たぶんほっといても世界中の先進国が今後ぶち当たるわけでしょ? だったら、その最先端を走ってる日本が「こうやれば高齢者が多くても回せるわ」っていうビジネスモデルを作って、そのパッケージを海外に売ればよくないですか?

これが7番目とか8番目だったらどっかに先を越されちゃうけど、今は日本が最強なんだから、めちゃくちゃチャンスです。

   

マジで斬新な発想ですよね!ぼくも読んでてめっちゃ気分が前向きになったのを覚えてます。 

 

そう、暗く思えることでさえものの見方一つ。 

西野さんすごいわ… 

created by Rinker
¥1,527 (2019/10/14 11:19:17時点 楽天市場調べ-詳細)

  

  

2人目:植松努さん 

あなたは植松努さんを知ってますか? 

  

北海道の民間企業で宇宙開発をしている社長さんなんですけど、ぼくものすごく大好きなんです。  

 

彼もリフレーミングの達人でした。 

そんな彼が世界に強烈な印象付けをした伝説のスピーチがこちら↓

TEDx Talksより

これマジで全人類一回は見てほしいんですけど、この中で植松努さんがしきりに使うワードがあったんです。それが 

 

「だったらこうしてみたら?」 

 

なんです。 

植松さん自身が「お前には無理」って言葉と戦ってきた歴史から、ものの見方を変えて「だったらこうしてみたら(いけるんじゃない)?」に行き着いたってことですね。 

これもリフレーミングです!! 

もしも誰かに否定されて辛くても、自分の考え次第なんです。 

  

陰口だって、ものの見方次第ではあなたの人生を変えるキッカケになるかもしれない…って考えてみたら、ワクワクしてきませんか?? 

 

このTedは絶対に見て欲しいっす!   

created by Rinker
¥1,430 (2019/10/15 10:37:24時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

3人目:坪田信貴さん

3人目は「ビリギャル」で有名な学習塾 塾長の坪田信貴さん!  

 

坪田先生は心理学に強いこともあって、このリフレーミングも多用して子供の可能性を引き出していたんです。 

坪田先生はビリギャルことさやかさんにこう言いました 

 

「君が慶応に行ったらおもしろいよね!」 

 

ワクワクしてきません?? 

いつも「現実を見ろ」とか「お前には無理」って言ってくる大人しかいなかったのに、急に見方を変えて”未来を見せてくれる大人”が現れたら? 

 

これこそがリフレーミングの強みなんです! 

リフレーミングは、明るい未来を見据えるための強力な武器なんですね。  

そう、ようは見方によってはチャンスだよね?ってことなんです!  

  

陰口もそう。 

正面から向き合ったら辛いんですけど、見方を変えて「あれ、これって私が主役なんじゃね?」と思うだけで急に見える世界が変わってきませんか? 

 

例えば貧乏で辛くても、将来成功してお金持ちになったらすごいドラマティックで感動的なエピソードになりますよね?  

 

ものの見方一つで、ピンチはチャンスに変わる!! 

 

悪口や陰口でさえも、見方によってはあなたを成長させてくれるチャンスになります!  

created by Rinker
¥1,650 (2019/10/15 10:37:24時点 楽天市場調べ-詳細)

  

 

具体的には? 

じゃあどうすればいいの?

オススメは「逆に」って切り返すことだよ!

 

例えば、会社の同僚があなたの陰口を言っているのをたまたま耳にしちゃったとしましょう。 

 

Aさん「あいつマジなんなの?すげーウザいんだけど」

Bさん「わかる(笑)一人だけ輪に入んないで自分のこと特別な存在だと思ってるのかな(笑)」

…いるよね〜こういう人(笑) 

 

そういう陰口を聞いたらだれでもムッとしちゃうもんです。 

 

でも、よく考えてみてください。  

陰口を言われるってことは、逆に 

 

あなたが主役なんですよ 

 

陰口とか言っちゃうのは雑魚キャラっす。主役はいつでもアンチに叩かれるもんなんですよ。

あなたがたとえ氷のように潔癖で 

 
雪のように潔白であろうとも 

 

世の悪口はまぬがれまい。 

 

by. シェイクスピア

あなたは主役だから叩かれる

でも、主役だからこそあなたは人生を楽しめるんです。 

  

これからはポジティブな人とだけ付き合っていきましょう! 

 

 

最後に

ぶっちゃけパワハラとかモラハラがひどいなら2秒以内に逃げてほしいなっていうのが本音です。 

 

ぼくの願いは一つ。 

 

負けないでほしい 

 

あなたの人生はあなたの人生ですよ。 

陰口言われていい気分はしないと思うんですけど、相手にやめさせようとする時間ももったいないです。 

 

どうせなら、ポジティブな人と付き合っていきましょう! 

この陰口を言われていることにさえ、いつか感謝する日がきますように。 

 

では! 

 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!