日本歴代最高のサッカープレーヤーが香川真司である5つの理由 

ザッキーです。 

いや〜〜、サッカーって良いね!! 

今回は、歴代最高のサッカー選手が『香川真司』だと言い切ってみようと思います。 

たぶんヒデって意見が一番多いと思う、だが!だが!!わいの意見を聞いてくれ!

依怙贔屓だといわれてもいい!笑

わいは香川真司こそ歴代最高のプレーヤーだと思っておるんです。

理由きかれなくても勝手に書いてくぜ〜!! 

 

 

・香川真司が歴代最高のプレーヤーである5つの理由 

 

理由①:パスセンス!!!!

まずパスセンスがえぐい!

フィジカルが強いわけではないのに、あの屈強な海外プレーヤーを手玉にとるテクニック。 

足元、オフザボールの動き、そして特筆すべきは「ここに欲しい!」ってとこにドンピシャかつここしかない!ってタイミングでパスを配給する圧倒的なセンス。  

 

わいサッカー選手じゃないけど、香川のパス受けたら孫の肩もみよりツーランク上の「ああ〜」が出ると思う。笑

それだけ味方も気持ちよくプレーすることができるのが香川の魅力!! 

 

理由②:ペナルティーエリア内での存在感!!

そして、ペナルティーエリア内での落ち着きと独特の切り込み。 

メッシみたいにスピードと技術で切り裂く感じじゃなくて、スピードがないぶんタイミングズラして、ダマして、「も、もう!いい加減打てよ!!」の更に1個2個先まで焦らしてシュートするセンス。

あんなフェイント、CIAの職員でも引っかかるよ。「ふっ、カガワめ。我々をだませるとでも…ってあれ!?え!おお!?」って。笑

あの密集地帯であそこまでボールを持ちながら冷静にディフェンダーとキーパー、味方の動きを把握できる日本人がいただろうか? 

目が18個付いているのだろうか?

背負う前に対峙する。詰められても自分の間合いで組み立てる。

いただろうか!!(興奮 

 

ヒデにあるフィジカルとスピードのステータスを、おもっくそテクニックに振ったのが香川だと思う。

それだけ空間を支配するのが抜群に上手い!

 

 

理由③:適応能力!!

ドルでシーズン2桁得点決めたり、マンUでハットトリック決めたり、

サラゴサでも早速点取ってるし、なにこの適応力!!カメレオンかよ!  

  

って感じ! 

 

理由④:ファンに愛されすぎ!!

シャーララー!!シャーララッラッラーー!!カ〜ガーワーシーンジー!!

…かつていただろうか??

シャーララー!!シャーララッラッラーー!!カ〜ガーワーシーンジー!! 

いただろうか!!  

そう、めちゃくちゃファンに愛されてるんです! 

 

ぶっちゃけドルトムントに入った時って、期待はされつつそんなに「スターが来たぞ!!」って感じじゃなかったですよね。

シュート決めても味方が塩対応だったし。 

 

でも、試合でゴリゴリ活躍して点とってアシストしてってしてる内にファンも味方も香川の才能に気付き始めてきて。 

気づいたら孫ですよ、孫。みんなの孫。 

 

個人的ナンバーワンは〇〇シーズンにノイヤーからゴール奪った左足のワンタッチ合わせ!!

パスも最高だったけど、ディフェンスの裏からスルスルっと上がってきてドンピシャのタイミングで利き足じゃない左足で!!しかもキーパーはあのノイヤー!!

あんなん惚れるやろ(アッー!

ドイツ国内では香川チャントが沸き起こり始めて、電車から街まで香川チャントが鳴り止まねー!!

最高かよ。

フィジカルに劣る日本人に夢と希望を与えてくれた救世主が香川なんす!!

もう、ありがとう!! 

 

 

理由:⑤わいの第2の故郷・兵庫県神戸市出身

はい依怙贔屓〜!笑

わいが通ってた専門学校が神戸(西区)にあったんだけど、そのお隣の垂水区出身なんですよね!

初めてそれを知ったときの胸のトキメキったら…

え、垂水!?

もう気分は親戚親族イヌ弟ですよ。

そっからの熱の入りようったら…

それだけっす。笑 

 

 

最後に 

サッカーっていいよね!! 

久保くんに中井くんに、これからのサッカーも楽しむすぎる! 

香川は移籍したけど早速結果出しましたね。(サラゴサね!) 

 

2022のW杯は絶対に現地で応援するぞ!いえ〜い! 

 

おーわり 

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!