脱サラしてフリーランスになる!と言ったとき、親から大反対された

ども、プロ退職屋のザッキーです。

24歳で会社を辞めました。 

 

「会社を辞めても大人なんだから自分で決めればいい」「親に言う必要なんてない」とよく耳にしますが、皆さんはどう思いますか?  

 

僕は、一応親に報告しました。事後報告だったけどね!

脱サラしてフリーランスになるお!

大人になったから、自分の人生は自分で決められるんですけど、筋を通す意味でも報告しました。  

 

僕は3人兄弟の末っ子で、兄弟はみんな専門学校に通わせてもらっていました。 

高校を卒業するまでのお金も出してもらっていたし、専門学校では奨学金を借りていたけど、学生寮費は負担してもらっていました。  

 

なんだかんだで、一番近くで応援してくれてた存在が親なんですよね。 

そうやって考えると、親に一言くらいあってもいいのかなと思いまして。  

 

とはいえ、マジで言いたくなかったです。絶対に喧嘩するし。 

 

なので、辞める覚悟を決めてから5ヶ月以上だまってだまって、退職届けを提出してから報告しました

何を言われても、自分の意見を曲げるつもりはありませんでした。自分の人生だからね。 

 

親からは大反対された

案の定、超喧嘩しました(笑)  

 

「ここまで頑張ったのにどうしてそんな勝手なことするの!」 

みたいなことを言われて、 

僕もそれに「会社辞めたらおれの存在価値は無くなるのかよ!」みたいに捉えちゃってまして。大バカ野郎ですね。 

仕事帰りによく通っていた大型書店の駐車場で、号泣しながら電話で大げんかです。 

その時は「おれの可能性を閉ざすな!」「自分の人生なんだから好きにさせてくれ!」としか思ってなかったんですけど、最後にお互い涙が枯れて、親が折れました。  

 

親は子供が大事

なんだかんだで、親は子供のことが大事なんですよね。 

じゃないとこんなに感情的に怒られないし。喧嘩もしないし。  

 

電話の最後の方は、これからどうするか相談に乗ってくれたり、頑張れって背中を押してくれたり、自分の人生だけど、「一人だけの人生」ではないんだなと。 

 

なんだかんだで、親は子供に幸せになって欲しいと思っていますよ。 

親の制限は愛情の裏返し

結果的に、親が折れて、お前が決めたことなら好きにしろって感じで無罪方面されましたが 

両親がお金の問題を抱えていたみたいなので、僕が大企業に入れたのが嬉しかったみたいでした。 

自分が苦しい思いをしてきたからこそ、子供には同じ思いをして欲しくない。 

だから、辞めると告げた時に激しく反対されたんです。当然ですよね。  

なんだかんだで、親の束縛は愛情の裏返しでもあるんですよね。 

僕は年中反抗期なので、全力で振りほどきましたが!笑

ちなみに、僕が辞める時の状況は 

うつ経験あり 

アトピー悪化 

待った無し 

みたいな状況になるまで頑張っちゃってたので、親も「そこまで辛いなら…」って感じでした。(ご心配おかけしました!) 

多分健康面が決定打になりました。 

でも、革靴を磨いていて、なんとか生きてはいけること 

どうしてもダメならもう一度就職すること 

も伝えていたので、安心して送り出してくれたんだと思います。

退職の2ヶ月後、カメラマンとしてあらたな一歩を踏み出し始めた僕の姿をみて、お前が元気に生きてくれるならそれだけでいいと言われて、不覚にも泣きそうでした。 

どんな親でも、子供に不幸になって欲しいと願っている親はいない、って本当だなと。

言ってよかった 

と思いますが、言わなくてもよかったなとも思います。 

辞めても、僕は諦めたわけではなくて、あくまで前向きな判断で辞めたので 

この先何があっても結果を出して親を安心させる覚悟はできていました。  

親に引き止められようと辞める覚悟は決めていたので。

ちなみに父親にはまだ言っていません。笑 

結果が出るまで、当面言えそうにないです。笑 

父親は「いい会社に入ればオッケーイ!」みたいな典型的な大企業主義なので、まだ言えないのが悔しい。 

必ず結果出します。おす! 

とはいえ自分の人生 

最終的には自分の人生です。  

 

いくら親を心配させたくないからと我慢して会社に残っても、親は子供の人生の責任は取れません。  

 

最終的には、自分で自分の行動に責任を取らないといけないことに変わりはありません。 

逆に親に止められて留まるくらいなら、辞めない方がいいかもしれません。 

誰も守ってくれなくなるので、ある程度の覚悟は必要だと思います。

なので、最終的には自己判断かと。  

辞めてどうするのか聞かれても、辞めてみないとわからないですよね。 

僕は結果的にやめてよかったと思ってますし、このエキサイティングな(!)人生を楽しんでいこうと思っています。 

人生は自分の手で切り開ける。 

最後に 

最後は自分の覚悟だと思います。 

なんだかんだで、親は子供が可愛くて仕方がないんですよね。

 

高校まで一緒に過ごした18年間は、とっても両親と仲が悪かったんですが、今ではその愛情を感じられるくらいには大人になれました。  

 

辞めることは 

言っても言わなくてもいいと思います。 

でも、自分が幸せになるための行動だけはやめちゃダメです。 

 

もし辞めるのなら、必ず幸せになってやりましょう。 

 

子供である自分が幸せになれば、両親はきっと喜んでくれると思います。 

 

人生は自分で切り開けます。  

 

いつだって、可能性は無限大。  

 

さーて!僕もブログで収益化できるように今日も頑張ります! 

最近ブログでご飯食べてる人が神様にしか見えません。

助けてください! 

おしまい。 

最新情報をチェックしよう!