悔しい、情けない、むかつく

以前、清水一輝プロデュース一騎打ちプロジェクト「吼える」を観てきた。

 

感動した。泣いた。それも一度や二度じゃない。10回以上は泣いた。たった2時間だよ?そんなに泣くか? 

 

めちゃくちゃカッコよかったから。みんな。 

マジで見せつけられた。 

舞台後の挨拶も、みんな覚えてる。頭でじゃない。心で。

…うらやましかった。

 

清水一輝、同い年なんだよね。 

かっこいいんだよ。 

ただここから、性格が悪いと思われるかもしれないことを言う。 

 

…ぶっちゃけ、心から応援できなかったんだ。 

 

なんで、おれはこっち側なんだよって。

泣いてる理由は、感動したからだけなのか。

悔しかったんじゃないのか、おれは。

こんな最高の生き様見せられて、悔しかったんじゃないのか。 

 

答えなんか分かってる。言い訳もしない。

勝ち負けではないことは分かってる。

ただ、同年代で活躍してる清水一輝の姿を見て、どうしようもなく悔しい自分がいた。

素直に応援したいのに、応援できない自分がいた。 

 

おれはどうなんだ?

勝ち負けじゃない。分かってる。

観に行くか迷ったんだ。こうなることは分かってたから。

でも、やっぱり負けたくない。

清水一輝にではなく、自分の人生に。 

 

めちゃくちゃカッコよかったよ。 

 

ぼくは正直

今の自分が、何者なのか分からない。

カメラマンなのにブログを書き、カメラを握らず、ブロガーなのに稼げてない。家族とも疎遠で、彼女とも離ればなれ。 

 

…誰なんだよ、おれは。

教えてくれよ、くそ!!!!

でも、そんなもん自分で決めるしかないんだよな。分かってんだよ。

結果で示したい。おれは、おれだと。

おれは、神崎一真だと。 

 

人生から逃げないと誓い、可能性を諦めないと誓い、一生挑み続けると誓った。

普通なんて諦めた。むかしどっかに捨ててきた。

もう、引き返す気なんてさらさらないんだよ。 

 

だから、結果が欲しい。

目に見える結果が欲しいんだ。

結果を求めて何が悪い。

おれは結果が欲しい。

今日も走る。だれも見ていない。

だが、足が勝手に動くんだ。

寝れない。勿体無いとおもっちゃうんだよ。 

 

負けたんだ、今日。

きっと、一番負けちゃいけない努力で負けたんだ。それが悔しかったんだ。

でも、おれはまだやれるってこと。

次こそ、言い訳なしだ。

死ぬほど追いかけてやる。

小さく見える背中でも、追いかけ続けてやる。 

 

悔しい。だけど、おれは負けない。

絶対に負けない。

もう、 負けるのなんてこれが最後でいい。

次は、同じ目線で出会いたい。 

 

なんと、ルカ役の寒川綾奈さんから後日、ツイッターで直々に返信してもらっていた。 

うれしいですよ、そりゃ。 

元々吼えるを観にいった目的は、清水一輝と寒川綾奈さんをまじかで観てみたかったからだから。

中村哲平監督のショートフィルム「1秒先 向かう者とただ訪れるもの」に出ていた2人に。 

 

行ってよかった。

感謝も伝えられた。

行って、よかった。

本当に。 

 

でも本当に、それだけか?

…違う。

おれは、こっち側が悔しくて仕方ない。もう、あああ、くそ。

悔しい。

性格悪いと言われようとなんでもいい。悔しい。負けたんだ、努力で。 

応援できない。納得できない。悔しい。 

本当に行ってよかった、だけで終わらせちゃダメなんだよ。

ストーリーも最高だった。そして、演じている役者さんたちが本当に最高だった。

負けねえ。

自分に負けない。

みなさんも、健康な体を大事に、これからも輝いてください。

ぼくも、もう一歩前に進みます。

希望。

最新情報をチェックしよう!