ヘルプカードの概要と作り方!目に見えない傷を抱えてる人を、皆で助けよう!

ザッキーです。 

みなさん、ヘルプマークって知ってますか? 

(茶作権は「とうきょう福祉ナビゲーション」様に帰属いたします)

これなんですけど、端的に言うと 

一目見ただけでは分からない傷や病気を抱えていることを、周囲に知らせるマーク」です。

 

例えば 

  1. 義足や人工関節
  2. うつ病などの心疾患
  3. 妊娠初期
  4. etc

など。パニック障害で急に発作が起きたりした場合に、このマークがあれば周囲に知らせることができるわけですね。 

   

このマークの中には紙で「持病の症状」「対処方法」などを書けるようになっているので、それを周りの人が見れば対応できるんです。  

電車で妊婦さんに席をゆずったり、色々。分かりやすいもの(骨折してギブスをしてるなど)じゃないとわからないですからね。 

 

このマーク、知ってる人が圧倒的に少ないです。(僕も最近知った) 

もっとこれを広めていきたい。 

と言うのも、さっき初めてこのマークをつけた人と出会ったんです。  

 

実際に付けている人に話を聞いてみた 

今スタバで記事を書いてるんですけど、さっき電車のホームから階段を登っていると、ヘルプマークをつけた40代くらいの主婦風の人が前を歩いていました。 

バッグにマークをつけていまして。 

ただ、誰も気にも留めません。そもそもこのマークが何なのか認知してないんですよね。 

僕はたまたまこの本 

を読んでこのマークの存在を知っていたので、声をかけてみたんです。 

 

————–

こんにちは。大丈夫ですか?  
ヘルプマークつけてたので。

あ、ありがとうございます。 
今ちょっと腰を痛めてて。

そうなんですね。 
バスか何かで帰られるんですか?

主人と待ち合わせしています。
嬉しいです。ありがとうございます。   

————–

それから、僕が

  • マンガでヘルプマークを知った
  • 初めてつけている人を見て気になった
  • 実際につけて見て変化があったか気になった

ことを伝えると、こう返ってきました。 

 

付けているけど、まだまだ知られてないから…」 

 

…そう。まだまだ知られてないんですよね、このヘルプマーク。 

CMもしてないし、僕がうつになった時も知りませんでした。 

だけど、目に見えるものだけが病気や怪我ではないので、このマークの存在意義ってかなりデカイと思うんですよね。 

現に僕はこうして気づけたわけですし。それによって救われる人もいるはずです。 

 

少しずつ広めていきたい。 

もう少しヘルプマークについて詳しくご紹介します。 

  

ヘルプマークの「概要・入手方法」

 

概要

再度、概要です。 

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害または妊娠初期の人等、援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成された、東京都によるピクトグラムである。 

 

Wikipedia「ヘルプマーク」

 

入手方法(主要5都道府県の場合) 

こちらの情報は「2019.08.02時点」での情報です。 

これから普及してくるはずなので、もし近くで受け取れそうにない場合、HPの確認や各市区町村へ問い合わせることをオススメします。 

 

東京都 

  1. 都営地下鉄各駅(押上駅、目黒駅、白金台駅、白金高輪駅、新宿線新宿駅を除く)駅務室
  2. 都営バス各営業所
  3. 荒川電車営業所
  4. 日暮里・舎人ライナー(日暮里駅、西日暮里駅)駅務室
  5. ゆりかもめ(新橋駅、豊洲駅)駅務室
  6. 多摩モノレール(多摩センター駅、中央大学・明星大学駅、高幡不動駅、立川南駅、立川北駅、玉川上水駅、上北台駅)駅務室(一部時間帯を除く)
  7. 東京都心身障害者福祉センター(多摩支所を含む)
  8. 都立病院
  9. 公益財団法人東京都保健医療公社の病院等

などで入手可能です。「うつを甘く見てました」の著者は、都内の駅にてもらったそうです。 

   

大阪府 

  1. 大阪府庁福祉部障がい福祉室障がい福祉企画課
  2. 府各保健所
  3. 府内市区町村障がい福祉担当課(詳しくはそれぞれの市区町村にお問合せください。)

などで入手可能です。 

  

愛知県  

  1. 各市町村障害福祉担当課
  2. 県保健所

などで入手可能です。(以下、市町村別の取得場所) 

 

北海道  

こちらは、各市町村にて準備が出来次第発行するようです。ご自身でお住いの市町村問い合わせる必要があるそう。  

ちなみに「札幌市」の場合

  1. 各地下鉄駅事務室
  2. 札幌市役所(障がい福祉課)
  3. 各区役所(保健福祉課)
  4. 各区保健センター(健康・子ども課)
  5. 身体障害者福祉センター
  6. 知的障害者更生相談所(手をつなぐ相談センターまあち)
  7. 精神保健福祉センター(札幌こころのセンター)
  8. 児童相談所
  9. 市内のアイン薬局
  10. 市内のなの花薬局

で入手可能です。 

 

  

福岡県

  1. 県庁障がい福祉課
  2. 県保健福祉環境事務所
  3. 各市町村の福祉担当課
  4. 障がい福祉相談支援事業所

などで入手可能です。  

 

 

概ね「駅の駅務室」か「市役所の窓口」が一般的みたいですね。 

 

Q&A  

  

①誰でももらえるの? 

はい、誰でももらえます。障害や症状などは関係ないようです。 

 

②お金はかかるの? 

無料です。各配布場所で「ヘルプマークが欲しい」と言えば、無料でいただけます。(2019.08.02現在)  

 

③郵送はできる? 

ほとんど場合、郵送は対応していないようです。 

ただ、遠方であったり、直接受け取りに行ける状態でない場合、各市町村で相談は可能であることがほとんどのようです。 

一度、相談してみるといいですね。  

 

④自作はできる? 

自作は可能です。ただ、規定があるようです。具体的には 

  • サイズを正規の物と統一

など。 

著作権は東京都に帰属し、商標登録されている。ヘルプマークの趣旨に合致すれば作成・活用することが認められているが、寸法や比率を含めてガイドラインに従う必要がある。 

 

Wikipedia「ヘルプマーク」

要は、「作っていいけど、正しい作り方でお願いしますね」ってことですね。  

各県のHPに作成用の印刷ページも用意されてることが多いので、「お住いの県 ヘルプマーク」でググってみてくださいね。 

   

僕たちができること  

ヘルプマークをつけてない人が出来ることは、 

  • 積極的な声かけ
  • 電車で席をゆずる
  • 周りの人にヘルプマークの存在を知らせる

などが出来ると思います。 

想像してみてください。 

自分がうつだったり、腰痛を持っていてヘルプマークをつけている状況を。

これを付けるってことは、放っといてくれってことではないはず。 

ウザ絡みはやめた方がいいですけど、一人でも「私のことを気にかけてくれている人がいる」って分かると、めちゃくちゃ心強いですよね。 

助けが必要になってから助けるよりも、この安心感を与えることが大事だと思います。いざとなったら一人じゃないよって。 

 

今回初めてみたヘルプマークでしたが、少しずつこのマークが認知されていくと嬉しいです! 

もし身近にそういった症状を持ってる方がいたら、ぜひ持たせてあげてくださいね! 

 

みんなで助け合っていきましょう! 

  

最後に 

まだまだ自分が知らないことがたくさんあるなーと感じました。 

 

会社員時代に一時期うつで休んでたんですけど、外に出るのも嫌だし、急に精神的に不安定になるしでコンビニに行くのさえ迷っちゃうんですよね。 

 

そういった人を救うマークになるかもしれないので、これからドンドン広めていきたいです。 

優しい世界になりますように。 

 

では、今日はこの辺で。 

 

↓「うつを甘くみてました」 

最新情報をチェックしよう!