うつになるのは頑張り屋さん

ザッキーです。

ガンバリスギチャッタ…チーン

この記事を読んでくれてるあなたも、きっと頑張り屋さんなんだと思う。

カッコイイよ。

たださ?

疲れん?ぶっちゃけ。

たまに、「もう死にたい…」ってくらい精神的に追い込まれちゃうときない?

もしあるならさ、それキャパオーバーしとるやで。わいが昨日までそれだった。

色々言いたいこともあるだろうし、今も「もっと頑張んなきゃ」が止まらないと思うんだけど、あなた自身もぶっちゃけしんどいのは自覚してるんじゃないかな?

「それでも、頑張んなきゃ」

そう思っているけど、止まりたいけど、それでも頑張っちゃうんだよ、って。

そんな頑張り屋さんの力になりたくて、今回の記事をかきました。

ぼくも、頑張り屋さんです。自分で言っちゃう。

フルタイムで働きながら184日毎日連続でブログ更新してるし、大学受験の勉強もしてるし、もうぶっちゃけ一杯一杯だった。

でもさ、がんばるの辞めるわって決めてから、噛み合わなかった心の歯車が「ガチッ」っとハマった音が聞こえたんだよ。

頑張り屋さんのあなたにも、この気持ちよさを共有したい。

どうせなら、毎日楽しみながら理想を叶えちゃおうぜ?

頑張るのやめようぜ

まずこの記事で伝えたいのは「頑張るのやめようぜ」ってこと。

それだけじゃ納得いかないと思うから、「頑張るのをやめたら上手くいく理由」を説明していくね。

緊張するとIQが下がる

がんばってる時ってさ、交感神経が優位になってて体が緊張してる状態なんだ。

ようは、硬いってこと。

緊張するとどうなるかっていうと、IQが下がっちゃうんだな。

怒ってる時って冷静な判断できないじゃん?あれと一緒。

人はリラックスしてるときにはIQが高くて、緊張したりイライラしてるときはIQが下がる。

仕事終わりで疲れてるときもIQ下がってるから、食べちゃダメだって分かってても甘いもの買い込んだりするよね?

あれも、そう。

体がいい感じにリラックスしてないとさ、人間って判断を誤りやすいんだよ。

IQって論理的思考をしたり、抽象的に考えて法則を導きだしたりする能力指数じゃんね。

これが下がると…?

そう、がんばってるのとは裏腹に、あんまりいい結果が期待できなさそうだと思わない?

がんばってるのにムダなことまでしちゃったり、これしかない!って視野が狭くなったり。

まわりから見たあなたの印象を聞いてみても、「それは違うよ!」って受け入れられなかったりさ。

頑張り屋さんはステキだよ。

ただ、硬い鉄みたいな強さと、ヤシの木みたいなしなやかさを備えた強さだったら、後者の方がうまくいきやすいってこと。

柔軟に、変化できる人が、強いってこと。

IQが高い人は不安になりやすい

一説によると、不安になりやすい人ってIQが高い傾向にあるんだって。

IQが高いと先の未来を見通したり、一般的な人が気づかない問題を見つけたりできるから。そのぶん不安になりやすいと。

不安になったらどうするか?

そう、解決するために「がんばっちゃう」んだよね。

でも、がんばりすぎちゃうとIQは下がる。

パラドックスだよね。

じゃあどうすればオールオッケーになるかっていうと、リラックスすれば良い。たったのそれだけなの。

普段からたくさん考えて、人知れずエネルギー使ってる人ってIQ高い気がしていて。

そういう考え屋さんが頑張っちゃうと、もう歯止めがきかないのよね。

話が飛ぶけど

日本ってさ、そもそも完璧主義生みやすい教育してるじゃん?

テストで99点取ったら「惜しい!」って言われるし、0点取ったらバカにされるし。

でさ、100点取ったら取ったで、次も取らなきゃって緊張に襲われるじゃん?

もうさ、何と戦ってんのって感じやん。

おれたちって、なんで頑張ってるんだろうね?

夢?家族?恋人のため?それとも、お金持ちになりたいから?

色々あると思うんだよ。

でも、世にある名言も学校の先生も頑張り方は教えてくれても休み方は教えてくれないじゃんね?

アクセル踏みっぱなんだよ、おれたちは。

じぶんでブレーキ踏まないと止まれないんだよ。

車でアクセル踏みっぱだとどうなる?

止まるよね。砂漠の真ん中で止まると誰も助けてくれないし、助けを求めることもできなくなるよね?

一緒なんだよ。

途中でガソリン入れて、ナビに目的地入れて、あれこれググって情報収集して、運転に疲れたら休むでしょ?

一緒なんだよ。

普段やってる休むって行為をしてないのは、人生に対してだけ。

でもさ、がんばってんのに潰れたら意味ないやん。

辛いやん、その方が。

頑張ってる自分に合わす顔ないやん。

本気で叶えたい未来があるなら、それがもし本気なら、むしろ休まなあかん。

リラックスするためにも、勇気をもって休む。

それが、本気ってことやとわいは思う。

具体例

そもそもなんでこの記事を書こうと思ったのか?それはね、精神科医の樺沢紫苑先生のYouTubeがキッカケだった。

観たのは昨日の夜19:00くらい。

仕事でクタクタになって社員寮に帰ってきて、ご飯食べてるときだった。

「ブログ更新しなきゃ」って思ってウンウン唸ってたんだけど、全く活力が湧かなくてさ。

がんばろうとすればするほど、全く動けなくなっちゃって。

でも、183日毎日積み上げてきた(この記事で184日目)んだからもう休む方が辛いからって更にアクセル踏み込んじゃって…

気付いたら、じぶんの心が置き去りになってることに気付いたんだよね。

おれは、ずっと「休みたかった」んだって、そのとき始めて気付いて。

それで、たまたまYouTubeで樺沢先生のそれに出会ったってわけ。

みたらさ、もう吹っ切れたよね。

「頑張んのやめよ」って。

がんばるのを辞める方法が知りたいって質問が来てて、それに樺沢先生がアンサーするってコーナーだったんだけど、答えは一つだ。

「休むって決めて、休む」

それだけなのよ。

休めないのは、休むのが怖いから。

その恐怖を乗り越えて、ぼくたちは勇気をもって休まないといけない。

それも定期的に。

むずいよね。それでも休むのよ。

それが、頑張り屋さんのミッションなんだから。

いきなり口悪くなるけど

ビビってないでさっさと休め

ってことだろうね。そしたら上手く回り始めっからさって。

うつになるのは頑張り屋さん

この流れだとなんとなくイメージつくかもだけど、うつとか精神疾患にかかりやすいのも頑張り屋さんなんだよね。

わいも自分なりに頑張ってるんだけど、周りにはわいの10倍頑張ってる闘牛みたいな人がウヨウヨいてさ。

そんで負けず嫌いな性質も相まって、「よし、もう少しがんばるか」ってヒザ叩いちゃう。

で、今回みたいにいつのまにかガス欠。

いつもこんな感じっす。

気付いたら、ほんとうに人生辞めたくなって、ドン底で最悪の状態になってる。

ただね、もうやめようと思うんだ。そういう生き方。

だって、わいみたいな頑張り屋さんって平常運行でも人一倍ゴリゴリ頑張っちゃうの知ってるもん。

だから、もうそろそろ休み方を知らないとなって。

たしかに頑張んないと辿り着けないって焦る気持ちもあると思うし、その気持ちは痛いほどわかります。痛い。もうわかりすぎて痛い。

たださ?

ぼくたち頑張り屋さんたちって結果に対して真剣だからこそ、良い結果が出ない時期が続くと「プツン」っと一気に気持ちの糸が切れちゃうリスクを常にはらんでるんすよ。

頑張りたい気持ちはすげー分かる。

ただね、キャパは一気には広がらないんだ。

自分の気持ちの速さと、キャパが広がる早さは比例しないのだ。

悔しいよなあ。

ムカつくよなあ。

神様、もっと進ませてくれよ。死ぬまで寝ないで良い体にしてくれよ、って思うよなあ。

でもさ、ちょっと立ち止まって振り返ってみて?

どこから始めた?いつ始めた?

…ほら。

もう、過去なんて全く見えなくなるところまで進んできてるでしょ?

いいのだよ。

おれたちは、自分に課した日当たりのノルマなんてとっくにクリアしてきてるんだから。

真のプロフェッショナルは、辛抱して休める人だよ。

頑張れる人じゃない。休める人。

だって、休むのって怖いもん。がんばるのは気持ちいいし、ある意味楽だもん。

休めるのは勇者の証やで。

わい、ちょっと休むわ。

だって、放っといたら勝手にアクセル踏み込んじゃうもんね。

あなたも、試しに15分だけスマホ置いてボーッとしてみ?

いかに頭の中が圧迫されてたか気付くし、やってみてわかる素直な感情と向き合えるからさ。

休め

以上です。

最後まで読んでくれてありがとう。

頑張り屋さんのあなたの力が抜けて、幸せなまま夢が叶えられますように!

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!