「立ち直りたいならとことん落ち込め」回復の早いおち込み方

どうも〜、ザッキーです!

先日にこんなツイートをしました。

理由

①セロトニンが分泌される

f:id:kazuma3451:20180814203253j:plain

人間は永遠にかなしむ事は不可能です。

一定の時間かなしむと、脳からは必ず「幸せホルモン」のセロトニンが分泌されるようになっています。

つまり、かなしみ切ると、幸せになることができるんです。

つらい時は泣けばいいんです。

② 感情は自然に生まれる

感情は自然に生まれるものです。

脳は「情報感情思考」の順で刺激を伝達していきます。

つまり、頭で考えるよりも前に、感情が生まれるようにできているんです。

「かなしい思いをしたくない」と思っていても、かなしさは自然に生まれてきます。

脳の構造上、かなしい感情が生まれてくるのは、自然な事なんですよ。

泣きまくってすぐに立ち直った話

これは僕が20歳の時の話です。

新卒で入った会社で、早く仕事をおぼえようと必死で先輩に質問していました。

しかし、ある先輩から「なんでそんな事も知らないんだよ」となじられた時に、「すいません、でも基礎をかためる大事な時期なので教えてください」と言いました。

でもそれが先輩のカンに触ったらしく、一方的になじられました。

そして最後に

みんなお前より同期のあいつの事が好きだよ

と耳を疑うようなことを面と向かって言われてしまい、感情がはげしく揺さぶられたんです。

かなしかった。仕事が終わるまではガマンしました。

でも、帰宅準備をしている時に、どうしてもつらくて、トイレに駆け込んで大泣きしてしまったんです。

会社で泣くなんて恥ずかしいとおもいつつ、それでも20分ほど泣き続けました。

でも、泣きまくったらあら不思議。

スッキリして「もっと成長するぞ」って前向きになれたんです。

これも、先ほどお話ししたセロトニンのおかげです。

この経験があってから、泣きたい時はガマンせずに「こっそり一人で」泣くようになりました。笑

落ち込むのは悪いことじゃない

人間ならたまには落ち込むこともありますよね。

でも、それでいいんです。その方が人間らしいじゃないですか

感受性が豊かなのはいいことです。

ズルズル引きずって時間を無駄にするくらいなら、その場でおち込み切って消化しましょうね。

関連記事:『レジリエンス』を高めて、ストレスに強い心を手に入れよう

最後に

いかがでしたか?

つらい時は無理せず泣いていい、というのは朗報だったと思います。

時には踏んばる場面もあると思いますが、泣きたくなったらたくさん泣いてあげてくださいね。感受性豊かなあなたはとってもステキですよ。

では、また来ます!

じゃ〜ね〜!

最新情報をチェックしよう!