なぜ僕が土日を潰してまでブログを書き続けるのか?

「モチベーションが上がらない」 

「疲れて書きたくない…」 

 

そう、誰もがぶち当たる問題。  

僕も、例にもれずぶち当たり、時間を無駄に浪費してきました。 

 

 

  

何を考え、どうモチベーションをあげ、動くのか? 

  

現在、連続更新81日目。 

平日働きながら、土日も一日12時間以上書きつづけている僕なりの「モチベーションの保ち方」をお伝えします。 

 

 

 

「書かないと死ぬ」という状況へ

いきなりですが、僕には叶えたい夢があります。 

 

・8888人撮影のため日本一周にでる 

・全国で個展を開く 

・心理学を義務教育に導入する 

 

クサい言葉ですが、もっと「生きてて楽しい」と思える人を増やしたいんです。 

  

理由は割愛しますが、「どん底」を何度も経験してきた末に、出た答えです。 

  

 

そんな僕がブログを書く理由。 

それは、「書かないと死ぬ」という動物的な恐怖から逃げるためです。 

  

    

アトピー、うつ、20歳で初めてできた彼女の浮気…(笑)  

どん底を経験してきた中で夢を諦めるのは、僕の中で「死」を意味します。 

人生において最大の損失は死ぬことなんかじゃない 

最大の損失は生きとるうちに魂が死に絶えることだて 

All right? 

 

引用:AK-69「上ヲ向いて」

   

その夢を追いかける手段を、ブログ一本に絞ったんです。

  

 

要は、ブログを書かない、それすなわち「魂の死」なんです。 

 

これで食べていけないと、僕はこれから先生きていけない。 

本気でそう思っているから、恐怖で書きつづけられています。 

  

 

これが、僕のモチベーションです。 

 

 

でも、そんな大きなモチベーションはみんな持てないよ」 

という気持ちも分かります。 

なぜなら、僕がそうでしたから。 

 

  

最大のモチベーションは「恐怖」

モチベーションの本来の意味は、「動機付け」です。 

 

人間のやる気ほど当てにならないものはない。 

いくら「一年で月20万円稼げるようになるぞ!」とブログを始めても、98%の人は一年以内にやめてしまうと思います。 

  

  

僕が本気でブログを始めたキッカケは、書かないと、もう人生終わりだ…という状況に自分を追い込まれたことです。 

  

 

夢である日本一周のお金を稼ぐべく、25歳で神奈川県の某企業にはたらきに出た時。  

お金のためだけに「命」を売り、単調な毎日に耐え、貯まるのを待つ… 

 

この時間は、僕にとって本当に耐え難いものでした。 

  

 

夢があるのに、時間が過ぎるのを待つだけ。どう考えても苦しい。 

それでも、待つしかない…. 

なぜなら、僕にはお金が必要だから…… 

 

 

 

でも、僕には「時間」がまだたくさんありました。 

その時間は筋トレや読書に充てていたのですが、もちろんお金は貯まりません。 

 

でも、待ちくたびれて夢を忘れそうになる。 

同年代の活躍に、嫉妬してしまう僕がいる。  

   

 

…言おうか迷いましたが、僕は25歳の時に電車にとびこむことを考えてしまった経験があります。 

  

簡単に言うな!と言われるかもしれませんが、25年生きてきて初めてです。 

駅のホームに流れ込んでくる湘南新宿ラインを見ながら、自然に、「ああ、もういいかな」と思ってしまった自分に、僕がいちばんビックリしました。

 

…。 

 

その後、何度かその衝動にかられ、それでも必死に抑えました。 

  

人が死に引っ張られるのは、希望を完全に見失った時だと思います。 

  

僕は、今の自分、未来の自分に完全に絶望していた。 

だから、もう終わらせたいと願ってしまった。 

 

 

…でも、待たないといけないなんて、誰が決めたんでしょう? 

そう、他でもない自分です。

  

僕は、自分で自分の魂をころそうとしていたんです。 

  

そう気づいて、とんでもない事をしていたことに気づいた。 

生きてて楽しいと言える世界にしたいのに、僕が楽しくないなんて絶対におかしい。 

  

そう思ったら、不思議となにかしなきゃとなり、考えた末に辿りついたのがブログでした。 

 

一人になると不安で死にたくなります。 

 

でも、夢は諦めたくない。 

 

 

…。 

 

そう、これが僕のブログ執筆のモチベーションです。 

  

 

僕は、まだ「生きていきたい」んです。 

明るい未来に向かって。 

 

   

環境を整えよう。

さて、途中話した通り、ここまで強力なモチベーションがあっても、人間の意志は弱いです。 

簡単に流されるし、やめたくなります。 

 

 

なので、僕は「環境を整える」ことにしました。   

具体的には、ブログを書く以外の選択肢をなくしました。 

 

これが僕の今住んでいる部屋です。 

ブログ執筆用のマックだけ。押入れの中には、着替えと「10冊ほどの本」のみ。もちろんテレビもありません。

 

本は、ブログ執筆で使う科学的根拠を引っ張るために使います。 

  

 

今、僕は派遣社員です。 

会社に借りてもらっているアパートに住みながら、平日8〜11時間フルタイムで働いています。 

たまに休日にも仕事が入ります。

 

アパートにいない時間は「12時間」ほど。 

睡眠時間を削るのは非効率なので、7時間寝る。 

 

残りの5時間は、すべてブログに充てています。 

 

移動中も書きます。もちろん、土日は一日中書きます。 

なぜなら、書かないと僕に明るい未来は訪れないから。 

  

  

そんなのは、怖すぎますからね。嫌です。 

もっと明るい未来を見せられる男になりたい。 

 

 

なので、書くしかないんです。 

 

こうやって恐怖をモチベーションにしつつ、僕は土日だろうが平日だろうがブログを書き続けています。 

 

もちろん、書いてて楽しいですよ。 

ただ、走るぼくのすぐ後ろには、「絶望」が追いかけてきています。 

 

そんな絶望に飲まれないために、ぼくは走り続けます。 

  

  

それが、究極のモチベーションを保つ方法です。 

   

 

火事場の馬鹿力を使おう 

もしあなたが、極端に時間がとれない生活を送りながら、それでもブログを書きたい場合。 

「仕事を選びなおす」もしくは「強制的に書かざるを得ない環境に身を投じるか」をオススメします。 

 

 

これを失ったら死ぬほど辛い…

と言うことに、ブログ執筆を紐づけてみてください。 

  

 

ちなみに人間の行動理由は2つだけで 

快楽を得たい、もしくは「恐怖から逃れたい」だけです。 

  

そして「恐怖から逃れる時のパワーは、快楽を求める時の5倍強い」といわれています。 

火事場の馬鹿力という言葉があるくらいですからね。 

 

 

待った無しの状況が、一番行動できます。 

 

もちろん、これで体を壊したら本末転倒。 

健康は保った上で、です。 

  

 

ぜひ、皆さんも健康を保った上で、ブログを書かざるを得ない、書くのが当たり前な状況に身を投じてみてください。 

 

意志に頼らず、環境に頼りましょう! 

 

  

 

最後に

一言でまとめますと 

 

失いたくないものの為に、環境を変えろ」 

 

です。偉そうにすいません。 

ぼく自身、何度も挫折してきた人間です。自己啓発本を100冊読んでも人生は変わりませんでしたが、ブログを81日続けてみたら少しずつ人生が変わり始めました。 

 

 

皆さんも、モチベーションを保てるように習慣化して、明るい未来にすすみましょう。

 

今素敵な人生は、もっとずっと素晴らしいはずです。 

 

では。 

  

関連記事

 

最新情報をチェックしよう!