とりあえずブログ書け!ができない時どうする?5つの対処法を紹介【連続更新43日】

 

ブロガーのザッキーです! 

連続更新43日目、58記事公開しています。(2019年5月13日現在)  

  

昨日観てきた『吼える』という舞台で興奮のあまり寝不足気味です。笑 

 

   

プロブロガーさんはこぞって 

とりあえず書け 

と言いますが、実際に「よし、じゃあ書くか!」となるひとは少ないかもです。 

  

ただ、実際とりあえず書いてみてわかりましたが、マジでとりあえず書いたほうがいいです。 

  

今日の目的は「とりあえずブログかけ!」ができるようになること。 

ネタの見つけ方や、時間のつくり方的な事も書きます。 

 

行きます。 

 

①ネタがないとき 

先日こんな記事を書きました。 

関連記事:数字で証明!日常でブログネタを見つける3つの方法  

  

結論を言うと 

  • ①悩んだらメモをとる 
  • ②書店に行く 
  • ③ツイッターでより「いいね・RT」されているツイートを分析する 

です。これで日常をネタの宝庫に変えています。 

  

 

そもそもネタがないと始まらない!という事で、僕が 

連続43日更新、58記事公開、500以上の下書き」 

を作っているネタの見つけ方を公開しています。(2019年5月13日現在) 

 

ご参考にしてください! 

 

②完璧に書きたいとき

ええ、そうでした。

否定しない。否定できない。 

 

だって、下手な文章書いて万が一知り合いに見られたら恥ずかしいじゃないですか。 

 

 

ただ、朗報です。

たぶん僕だけじゃないと思うけど、120%の力で書いた超大作を、2日後に読み返してみると「え、こんな下手なの?」とビックリすると思います。

 

それだけ成長は早いって事。 

なので、とりあえず全力で書いたら、世に出しちゃいましょう。定期的にリライトして、記事の質を高めていけばオーケーです。  

  

 

あと、ぼくだけじゃなければホッとするんですが、初めはほば見られません。もちろん知人にもバレません。なんなら、ブログやってたことさえ知られていません。 

  

 

だれかいますかー!!!

 

…ちょ、超デカイブログにしてやるんだから…  

 

恥ずかしいけど、見ないでとは言ってないんだからね! 

となります。  

みてなさいよね!

  

②-1:書くから成長する

勇気のでる名言

エベレストよ、今回は私たちの負けだ。だが、必ず舞い戻り、登頂してみせる。なぜなら、山はこれ以上でかくならないが、私はもっとでかくなるからだ。

エドモンド・ヒラリー(登山家)

 

挑み続ければ、僕達はかならずでかくなります。

どんどん書いて、挑戦。

世に出していきましょう! 

 

 

③デザインにこだわりたいとき  

あるある。 

適当なものを見せたくない、という気持ちの表れだと思います。 

それ自体はステキなこと。 

 

ただ、マジで最初の頃は見られない。 

だれかいないか〜

 

 

ぼく始めの一ヶ月は一日平均8アクセスとかでしたよ(笑)

きっとブログ運営するなら、ある程度のアクセス数の目標はあるはずです。

 

僕はひとまず月3万PV目標。達成したら、徐々にあげます。

 

月3万PV超えのブログにするつもりなので、はじめの8PVくらいは、デザインバカにされるくらい屁でもないです。 

 

 

それより、とにかく読者に響く記事を書く能力を磨いたほうが良いです。

 

③-1:研ぐべき「斧」

 

もし、木を切り倒すのに6時間与えられたなら

私は初めの4時間を

斧を研ぐのに費やすだろう

リンカーン(第16代アメリカ合衆国大統領)

 

斧は、執筆能力です。 

執筆能力は、書くことでのみ向上します。 

残りの2時間はデザインや読書に充てていいと思いますが、なにより執筆かなと思います。 

 

デザインは記事を書きながら進めましょう。第一優先は記事の執筆です。

(僕が初期に書いた記事と今回の記事を比べてみてください。まだリライトできてないので。初期は絶望的にへたっぴです笑)

 

④時間がないとき 

言い訳だ、と言われがちなこの課題。 

 

ただ、たしかにわかります。 

実際に週6フルタイム勤務の方で、終電まで残業、子育てもあり 

みたいな条件だと、たしかに時間は少ないですよね。 

 

僕は週6で毎日10時間くらい働いていたので、少しわかります。 

 

なので、より本気になる必要ありです。 

使える時間がありますよね? 

 

そう、移動中です。(ブラック企業なら即やめましょう!)  

 

④-1:移動中に書く   

移動中にスマホで書きましょう。 

 

スマホで書くメリットは「10秒から」でも書けること。つまり、隙間時間にかけます。 

 

メモ程度でいいんです。 

たくさんメモすれば、ある程度の記事の形ができます。 

 

僕のメモの取り方

パッと書きたいことが浮かんだら、「PREOP法」に沿って伝えたいことをざっくり書きます。  

ブログ初心者あるある10選にも書いたのですが 

P:結論 

R:理由 

E:具体例

O:反論への理解

P:再結論

です。 

 

ここを書いたら、あとは徐々に肉付けしていきます。 

 

疲れてできないよ 

と言うのがまさに一番悲しい結末なので、方法は2種類。 

 

働く時間を減らすか、もしくは「体力をつけるか」です。 

 

④-2:体力をつける真の効果  

体力をつけましょう。  

オススメは筋トレです。 

 

と言うのも、思い出してほしいのですが、マッチョってあんまり疲れませんよね? 

 

実は、筋トレ最大の効果は、肉体の強化ではなく「メンタルの強化」にあります。 

 

詳しくは「筋トレしてから人生にいい変化ばっか起きてるので、魅力を語らせてもらう」に書いているのですが、筋トレすると疲れにくい体を手に入れられます。 

 

ジムではなく、自重で体幹を鍛えましょう。それだけで十分効果ありです。   

 

④-3:まとめ

まとめると、筋トレしつつ、移動中に書きましょう。 

 

です。 

少しストイックかもですが、体を壊さない程度に自分に挑戦してみてください! 

第一は健康ですからね! 

 

⑤できない理由ばかり探しているとき  

体育会系ですいません。バスケ部だったのでお察しください。

 

そう、なんだかんだ言いつつ、これに収束します。 

 

全く書けない、ことはないんですよね。 

 

神様は不公平なもので、もちろん生まれ育ちなどで、少しはアドバンテージも変わります。 

 

それでも、逆境を乗り越えて結果を出している人がいる、という誰も変えられない事実がある。 

 

 

才能ではない。努力でもない。 

 

楽しめるかどうか、です。

 

できない理由を探すのは、簡単。 

僕だって、言い訳しようと思えばできます。 

 

 

でも、見てみたい景色がある。 

 

だから、グッと言い訳は飲み込んで、習慣の鬼になって書き続けるのみです。 

 

少しずつでいい。いきなり3000文字書かなくてもいい。 

7時間かかってもいい(僕です) 

 

言い訳は捨てましょう。たぶん人生終わる直前に、後悔しない方法は、挑戦することです。 

 

書きましょう! 

 

最後に 

いかがでしたか? 

 

とりあえず書いてみよう!という気になったでしょうか? 

 

とりあえず書く、を続けるコツとしては、決まったタイミングで書くことです。 

  

とりあえず書く、のその後

習慣化には3つの流れがあって 

  • ①トリガー 
  • ②ルーティン 
  • ③報酬

です。  

 

習慣化の代名詞「歯磨き」を思い出してほしいのですが、この3ステップに沿っています。

①トリガー:朝起きる 

②ルーティン:歯を磨く 

③報酬:スッキリする 

 

です。そう、何か決まったきっかけ、決まった行動、そして報酬、を用意すると、習慣化しやすいんです。 

ちなみに、この話は 

佐々木さんの「僕たちは習慣でできている、」に詳しく書いています。 

 

僕の愛読書です。ブログもこれで習慣化しました。  

 

習慣化はマジで神です。モチベーションという言葉が辞書から消えるし、マジで自動運転モードです。 

 

皆さんもブログを書き続けるなら、習慣化しましょう! 

 

今回の記事が皆さんの役に立てば嬉しいです! 

 

現場からは以上です。 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます!!

またきてね〜

 

関連記事:専門学校卒で大企業に入る方法。元社員が教えます 

関連記事:「引き寄せの法則」は、実は脳科学で説明できる。天才脳科学者・苫米地英人オタクが説明する 

最新情報をチェックしよう!