「自信がないって言ってる人は、傲慢なだけ」by 芦名勇舗

どうも、ザッキーです。

みなさん『自信』ってありますか?

多くの方が「ない」か「やってる仕事にはそれなりに」って答えるんじゃないでしょうか? 

僕は後者。

ただ、それって傲慢なんだって気付いたんです。 

 

「自信がないのは、傲慢な証」

キッカケは、先日読んだこの記事でした。

端的に説明すると、自信がなかったり緊張するのって「自分に能力がないことを隠そうとしてるから」なんですって。

これ読んだときに、思わず

「あー図星。やめてっ!」って漏れました。ココスでフライドポテト食べながら(笑)

ただ、マジでその通りだなって。 

 

以下、一部引用します。

自信満々の方、いらっしゃいますか? ……あ、1名いらっしゃいますね。僕、自信がないというのはものすごく傲慢なことだと思うんですね。「自信がない人」と「緊張する人」。その方の心理がどうなっているかというと、人前に立った時に“自分に能力がないことをバレたくない”という心理なんですね。「自分に能力がないってバレるんじゃないか?」という。いやいや、それって自分に能力があると思ってるじゃないですか。そもそも、能力なんかないんですよ。神様じゃないんですから。   受験の時もそうだったし、アメリカンフットボールの時もそうだったし、プルデンシャルに入社する時もそうでしたが、なぜ僕が自信があったかというと、僕は「自分に能力がない」ということを客観的にわかっていたからです。 

 

「自信がないのは傲慢な証」規格外のキャリアを歩む男が語る“男前”の定義」logmi Bizより

 

そう、すげえ腑に落ちたんです。

ソクラテスの弁明に出てくる「無知の知」で、脳科学でいう「メタ認知」をしていたんですね。

 

芦名さんの経歴をざっくり紹介すると

  • 一般入試で慶應義塾大学に現役合格  
  • U19アメフト日本代表キャプテン
  • 電通コピーライター
  • プルデンシャル生命にヘッドハンティング
  • 同最年少営業所長に就任
  • 退職してロスでハリウッドデビュー
  • 帰国後、起業

 

もう、すごいじゃないですか、マジで(笑)

でも、そんな芦名さんが自分に能力がないことを自覚してる。だから、おれには自信があるって言っていて。

頭をハンマーでガツーンと叩かれたような衝撃でした。 

 

ぼく、自信はあるんですけど、めっちゃ緊張しいなんですよね。

落ち着いていこうとか、自信があるから大丈夫とか思ってても、いざ人前に立つ(スピーチとか面接とか)と、途端に緊張して手が震えてきて。

でも、それって傲慢だったんですね。 

 

芦名祐介さんが自信満々なのは、自分には能力がないって事を知ってるからだった。

てっきり、実力に裏打ちされた自信だと思ってたんですけど、フタを開けてみたらその真逆。

おもしろいと思ったのでシェアしたくなりました。 

 

 

・この世には「成功」か「成長」しかない

そう思うとですよ?

そもそも失敗なんて無いんだなって気付いたんです。何やっても、そもそも自分には能力が無いんですから。

そう考えると、成功か成長しかないんだなって。 

 

一番の壁は、成功することでも成長することでもなくて、自分の能力不足を認めることなんだって。 

つまり、人生には失敗はない。 

あるのは、「成功」か「成長」だけなんだって。 

この言葉は、今後の人生の金言にしていきます。 

  

 

・全力を出すのなんて大前提

ってことで、もう一つの学びです。それが

「全力を出すのは大前提」だってこと。 

 

ぼく、中高と6年間バスケしてきたんですけど、部員には「本気を出さずに、そこそこの結果を出す」ことを美徳にしてた人が結構いたんですよね。

ぼくは常に全力だったので、負けて悔しかったんですけど…笑

ただ、全力でやらないのって裏を返せば「全力でやって自分の実力の天井が見えるのが怖いから」ってことじゃないですか。

それなら、ぼくはこれからも全力でやっていこうって。

そもそも、ぼくには能力がないんだから。なにも恥じることない。それでいい。 

 

全力でやるのは、大前提。 

その上で、自分には能力がないことを認めて少しずつ一を足していこうと思います。あ、ちなみにこの言い回しはホリエモンの本からパクリました(笑) 

created by Rinker
¥1,512 (2019/07/28 10:13:20時点 楽天市場調べ-詳細)

   

最後に 

まとめます。 

  • まず自分に能力がないことを認める 
  • その上で貪欲に成長を求める
  • 失敗はない。あるのは「成功」か「成長」だけ

でした。 

 

この記事がみなさんの人生の役に立つと嬉しいです。 

では。 

 

【人気の記事】 

100冊以上の自己啓発本を読んできた僕がオススメする『本当にオススメの自己啓発本』ベスト5!

23歳だった僕は『他人の目』を克服してからでかい夢が見つかった 

YouTuber・ゆたぼんを叩いてどうする日本

最新情報をチェックしよう!