【実体験】2ヶ月徹夜で無理してブログを書きまくった結果。【健康破壊】

ども、ザッキーです。 

 

実は、ゲストハウスにこもって毎日徹夜でブログを書いています。今日で54目。

54日間、休みなしです(笑)

セルフブラック企業化しちゃってたわけですね。 

 

もちろん、ブログは結構進みました。 

 

ただ、大きな代償を払うことになったんです。 

  

 

そう、健康な体です。 

 

慢心

4月にこのゲストハウス暮らしを始めるまで、こんなことをしていました。

・筋トレ

・ランニング

・仕事で毎日10キロ以上歩く

・規則正しい生活

・食事のタイミングを固定

・22時に寝て、7時に起きる 

 

健康のお手本みたいな生活です。 

  

 

マジで体調は最高でしたし、筋トレのおかげで筋肉もついてきた。

おれ、めちゃくちゃ健康じゃん。いいね、と。 

  

 

そう、結構自信があったんです、健康管理に。 

 

ただ、反省なんですが、この考えが慢心に変わってしまったんですよね。 

 

 

もっと早く、もっと前に 

ブログを書く理由は、カメラマンとして日本一周するための資金を自力で稼ぐため。 

 

退路を断つために、住所を捨ててキャリーケースとリュックに全荷物を詰め込んでゲストハウスに「移住」してきました。 

 

とにかく、書くしかありません。

というか、書けるんですよ、好きなだけ。 

 

書いていいんですよ。 

 

僕が望んでいたものです。 

 

もちろん、思う存分書きました。 

 

朝起きてスタバに直行。夜まで書いて帰宅。

その後ゲストハウスで深夜まで執筆。寝る前にスマホで執筆。 

 

そんなこんなでブログ中心の生活になっていったわけです。 

 

 

悪いことだと思っていませんでした。 

 

むしろ、未来に進んでるいる気がして、良いことだと思っていたんです。

  

  

 

ただ、夢中になると、やはり無理していることに気がつかないものですね。 

 

 

これくらいなら大丈夫

それから連日の徹夜です。

とにかく、数で勝負。

 

体力には自信があったので、時間の許す限り、マックに向かいキーボードを叩き続けました。 

 

初心者ながら一日に12,000文字書いたり、それでも飽きたらずベッドの中でもスマホで書きつづけました。 

 

もちろん、連日寝不足です。 

 

いうまでもありませんが、作業効率は落ちます。 

 

 

ただ、どうしても止まってる時間に耐えられなかったんです。

止まる=諦める、だと思ってしまって、だから常に体を動かしてないと不安に潰されそうでして。 

 

 

だから、多少体に負担がかかっても、書き続けました。

ニキビができようと、体が痒くなろうと、です。 

 

 

分かっていたはずなのに

ちなみに、昨年(2018年)の10月にアトピーが完治したばかりでした。 

 

20年以上連れ添った相棒(?)みたいなやつで、とにかく別れることができて嬉しかった。 

 

原因不明、いや原因はこれ、という議論がつづく病気ですけど、ぶっちゃけ人それぞれすぎてよく分かりません。 

 

 

僕は、「健康的な生活」をすれば治ることが、分かっていました。 

 

よく寝て、よく食べ、よく動き、よく笑う。  

 

こんな当たり前のことを、当たり前にこなすことが、ぼくの健康な体を作っていたことに気づけたんです。 

 

いい発見でした。  

  

 

ただ、このゲストハウス暮らしの間。

よく寝て、よく食べ、よく動き、よく笑う  

 

…何一つ、守れていなかったんです。 

 

 

そして、突然それはきた

54日目、元相棒は急にやってきました。 

 

もう、めちゃくちゃ痒くてギャンギャンにかきむしりまくっちゃったんです。

いてて、です。 

 

太もも、膝の裏、臀部。 

 

 

…思い当たる節がありすぎて、もう笑うしかなかった。 

 

悟った。 

ああ、ここが今のおれの限界か、と。 

 

悔しかった。 

 

もっと書きたいのに。 

 

早く進みたいのに。 

 

ぼくを待ってくれてる人が、たくさんいるのに。。。  

 

 

悔しくて泣く前に、深い眠りについた。限界は、とうに超えていた。 

 

ふたたび僕の元にやってきた相棒。 

 

 

ぼくは、ラッキーだと思います。 

 

相棒が、「もう限界だぞ、お前の体」と丁寧に教えてくれるから。 

いい相棒だよ、ホント。 

 

 

でもさ?でも、だよ? 

 

ぼくでいう「相棒」がいない人は、いつ分かるの? 

 

自分にゆるやかな異変が起きていることに、いつ気付くの? 

 

取り返しがつく状態で、気付けるの?

  

 

ぼくは、すぐにブログで伝えたくなった。 

 

  

健康な体に勝るもの、なし。 

みんな、頭ではわかっていると思う。 

一番大切なものは、健康な体だと。 

 

けど、未来の不安を消すためにがむしゃらに働いたり、過去の後悔を清算するために必死で勉強していると、「健康である前提で」ものごとを進めてはいないだろうか? 

  

 

ぼくは、それは少しズレている気がする。

 

人間は思ったより頑丈だが、思ったより繊細だ。  

 

優しく扱ってあげないと、すぐにペースを崩す。  

 

ペースが崩れると、病気になる。  

 

これは、心と体、両方でだ。  

 

このくらい大丈夫。

もっとやれる。  

 

本当だろうか?

それは、「健康な体を維持した状態で」の話だろうか?

もし、健康な体を差し出してまで、結果を得ようとしているなら、少し待ってくれ。

そこが、今の自分の限界だ。

これ以上、今の自分でムリをすることは、得策ではない。

もちろん悔しい。気持ちがはやる。どうしようもなく自己否定したくなる。世間から置いてけぼりにされている孤独感に苛まれ、ふさぎ込んでしまう。

 

 

ただ、大丈夫。

未来のあなたが、必ずなんとかしてくれるから。

たとえいまの限界を迎えていても、未来のあなたが、望む世界に連れていってくれるから。

 

 

だから、これ以上、自分の体を傷つけるのはやめませんか?

失った健康は、とりもどすのに時間がかかるよ。

というか、やめてください。

あなたの事を心配する人もいる。

もし、孤独にがんばっているのなら、ぼくがあなたのことを心配する。

もう、自分の体を傷つけるのはやめよう。

一番大切な健康体は、お金を払っても手に入らない、ぼくたちの宝物なのだから。

 

最後に

最後まで読んでくれてありがとうございます。

これを書いているのは5/25。 

ゲストハウス暮らしは、6/5まで続きます。

 

 

つまり、まだ無理ができちゃう状況にあるわけです。。。

もちろん、もうしません、無理は。

 

 

久しぶりに相棒と出会って、気づかされました。

健康な体があることが、どれだけ尊くて、ありがたいことなのかを。

 

 

 

 

みなさん、最近寝てますか?

いいもの食べて、運動してますか?

最後に笑ったのは、いつですか?

 

 

健康は、毎日の積み重ねです。

ぼくは、自分の今だせる全力で戦います。

もう、限界はしばらく超えません。

 

 

自分の健康も管理できないなんて、3流です。ダサいな、と自分で思いました。

もし、読んでくださっている方がブラックな環境にいるなら、必ず自分の体を最優先に守る選択をしてください。

 

 

何があっても、生きていけます。

 

 

キャリアに傷がついても、健康な体があれば、ぼくたちは未来を描いていくことができます。

なので、自分を大切にしてあげてください。

この声が、あなたに届くとうれしいです。

では。

最新情報をチェックしよう!